絵を描く少女
私は絵画教室の先生をしていた経験があります。
絵画教室の生徒だった事もあるので、こういう先生ならいいなと思う先生達を思い出しながら、彼らに近付けるように試行錯誤していました。
先生が変わったら急激に伸びたという話は良く聞くし、私もそうだったので、どこにポイントを置いて先生を選んだらいいのかまとめました。

1.ハッとする助言をくれるか?
2.こだわりを尊重してくれるか?
3.先生自身を尊敬できるか?
4.先生は1人でなくてよい?

 

1.自分に合った助言をしてくれるか?


絵が得意だからもっと伸ばしたい人、絵が苦手だから上手くなりたい人、絵を精神の拠り所にしている人、軽い気持ちで思い立って始めた人、受験対策を立てたい人、仕事でどうしても必要だから学びたい人…
沢山の理由で絵を学びだいと思う生徒さんがいます。
上手く描ける理由も、失敗する理由も、人それぞれです。

例えば単純に、描いてる姿勢が悪かったり、道具の扱いが雑だったり、もっと適した画材があるのに知らなかったり、そんなことを調整するだけでガラッと良くなる人もいれば、
自分の特性とやりたいことが大きくズレていたり、自分が描きたい物を恥ずかしいと思っていたり、人の言葉に惑わされていたり、など、内面的な理由で実力はあるのに描き進められなくなる人もいます。
そういった問題を解消して生徒さんが楽しく気持ちよく描ける方向へ持って行くには、慎重に生徒さんと作品を観察してから、助言をしなければなりません。

大抵の場合、生徒さんは自分では何がダメなのか、何がしたいのか、分かってない場合が多いんです。
毎回同じことを言われてしまうこともあるでしょうが、たまには目から鱗が落ちる事を言ってもらわないと、習ってる意味がありません。
先生は、「よく見ているな」と思えることを言ってくれますか?

的確な助言は絵が上達する最短ルートを作ってくれますよ。

 

2.こだわりを尊重してくれるか?


私「ここを少し消して、弱くすると、これが目立つのでいいですよ」
生徒さん「はい」
…数分後…
私「どうなりましたか…?! (全部消えてる!!)」

このように目を離さなければ良かった、もしくは少し実演すれば良かったと、痛く反省する事もよくありました。

素直すぎます!!(涙)

先生の言う事を、完全に鵜呑みにしたら勿体ないです!
先生は100%正しいわけではないのだから…

先生の言うことも分かるけど、あんまりその通りにしたくないな…と思ったら、他のやり方でもいいんです。

先生は、あなたの絵がもっと素敵になればいいなと思って言ってるので、別の方法で素敵になるならそれでもいいんです!

私はそう思います。
ちょっと勇気がいるかもしれませんが、「こうしてみたい」と伝えてみましょう。
それが貴方の絵を良くする方法だと思えない場合には、先生は理由を説明してくれるはずです。
大抵この理由には説得力があるので、納得したら聞き入れましょう。

一番ダメなのは納得しないまま、理解しないまま闇雲に直そうとすること!!
そんな時は先生に、「やって見せて下さい」と言いましょう。
喜んで実演してくれると思います。本当は、誰かの絵に手を入れるなんて大層なことはしたくないのですが…生徒さんの方から言ってもらえると先生もやりやすいです。

先生と生徒、どっちが偉いとかは無いんです。
お友達に「こうしたら?」と言われたら「どうして?」と自然に聞けるのではないでしょうか。

先生は、あなたが勇気を持って自己主張したときに、聞く耳を持ってくれますか?

 

3.先生自身を尊敬できるか?


学歴がすごい。
受賞歴がすごい。
サイトを運営している(からすごい)。
海外に行っている(からすごい)。
人に教えている(からすごい)。

先生に感心する理由が、上記のようなことだけだったら、オススメしません。上記のこともとてもすごいことです。普通はできないことをしています。

でも、肝心なのは

絵がすごい
教え方がすごい

↑こちらです。

そう思えた方が、吸収出来るものも大変多いです。

絵画教室に見学など行く際には、絵に関する何らかの質問を用意するのもいいですね。
その質問に「なるほど」と思える事を言ってくれる先生だったら安心ですね。

 

4.先生は1人でなくてもよい?


信頼できる先生を見つけられたら、その先生の言うことだけ聞いてればいい…というわけではありません。

信頼できる先生は、最後の砦のような存在だと思って、基本的には自分でやりたいようにやって、色んな人と話してみるのが一番です。
そこで、サブ的な先生を見つけられたらいいですね。メインの先生の言うとおりにしたくないときや、他のやり方を探したいときに、気軽に相談できる相手がいるのはかなりプラスです。
もちろん、それは絵画教室の先生ではなくても良いんです。信頼できる友達でも。
絵画教室を掛け持ちしている生徒さんもいましたが、あちこちの先生によって意見が違うので、自分に良いところだけ取り入れることができて良さそうでした。
→どの意見がいいかわからなくなったとき(ここはリンクか何か?)

 

多くの先生の願い


先生は、最終的には貴方に自分で問題を解決出来るようになってもらいたいものです。貴方がレベルアップしても必ず1人で解決出来ない問題が出てくるから、その時こそ先生は全力でサポートするのが努めだと思っています。(親みたい…)

なので、いつまでも些細なことを1から10まで全部手取り足取りやってあげなければならないとなると、疲れるというより、怖いんです。洗脳してるみたいで。
もはや、貴方の絵ではなくて先生の絵になってしまいます。

先生が神様みたいになってしまって、先生の指示がないと自信がない、少しでも先生の言う通りに出来てないとすごく不安になる、という状態はまずいです。

もしそのような精神状態になってしまったら、もしかしたら相性が微妙なのか、貴方が何かに追い立てられているか、いずれにしてもすこしお休みした方がいいかもしれません。あまり楽しくなさそう…。

 

まとめ


色々描きましたが、結局は「なんか合うな」という感覚が一番大事だと思います。

私には9割放置して好きにやらせてくれる先生が合っていたので、例えば沢山お話ししながら教えてくれる先生では違いますよね。

他の人のオススメの先生が自分には合わないということも当然あるので、気にせず自分の気持ちを大事にして下さいね。

究極的にはどんな生徒さんにも合わせていける先生になりたいな…!

プロフィール
イラストレーターで3児の母で夫は女装家 菅原千明


自身を解放できる「エロ絵」を研究している。子供は3人。夫は女装家。
菅原千明とはこんな人
絵一覧⇒https://www.chiakisugawara.com/
グッズ一覧⇒https://tigerfly.thebase.in/

 

ご依頼など

https://tanomuno.com/profile/39009
おすすめの記事