絵の悩み

自画像や人物の顔の描き方のコツ3つ

真珠の耳飾りの少女œ

人物画、特に顔はよく使われる題材です。
今回は主に絵画的な顔の描き方についてコツを描きます。はまた別に描きます。

リアルな顔をかけるようになると、イラストの顔も魅力的に描けるようになりますよ。

1.先入観を捨てる
2.比率や間隔をしっかり測る
3.あらを探す

1.先入観を捨てる


顔はありふれたおなじみの題材だからこそ、目にする機会も多いのではないでしょうか。小さい子供でも顔は描けますね。

そんな風に誰でも描きやすいのは、特徴的で押さえるポイントがとてもハッキリしているからなんです。

シンプルな記号だけで顔文字を作ったりもできますね。

(^O^)( ˘ ³˘)♥(´;д;`)(`Д´)こんな風に。

しかし「顔」と認識できる絵は簡単に描ける反面リアルな顔を描きたいのにイラストっぽくなってしまったり、
参考資料とは似てない顔が出来上がったり、
なんか惜しい!という気持ちにさせる問題が起こりやすいです。

まずは「顔」という先入観を捨てましょう。

幼い頃から様々な顔に触れてきて、顔文字のように記号化して顔を見てしまっている可能性があります。

植物でも見るような目で見て下さい。何も見ないで顔を描くと記号的になってしまうので、絵画調にしたい場合はご自分の顔でもいいので参考資料を用意して下さい。
とにかくこれは顔じゃない別の何かだと脳に言い聞かせるところから始まります。

正面顔はどうしても記号的に描いてしまいがちなので、実は難易度が高いです。
難しかったら誰かに自分の横や斜めからの写真を撮ってもらったり、そういうアングルの資料を用意してみましょう。

2.比率や間隔をしっかり測る


今までの「顔ってこんな感じ」という思い込みで記号的な顔を描くのを防ぐために、しっかりと顔の比率を測る必要があります。

デッサンを描く時は定番ですね。→デッサンの描き方(初心者向け)

1.正面顔の描き方は、まずは描きたいと思う頭部の長さほどの縦線を引きます。

その線はちょうど鼻の真ん中にきて、顔を正面からその線で縦に顔が半分になるイメージです。

2.その線のちょうど真ん中を測って横線を引きます。線が交わって交点ができて顔が4当分されました。

さて、この中心には何があるでしょう?

3.実際の顔または資料を、鼻の真ん中を通るようにして頭から顎にかけて線で結んで下さい。(資料なら直接描き込んでもいいと思います。)

4.その線を二等分する横線を引いて下さい。

交点はどこにできましたか?

鼻の頭ではありませんよね?(多くの場合)

顔の真ん中と聞いたら鼻の頭をイメージする方々多いとおもうのですが、縦の中心ではあるけど横の中心ではありません。

こうして測ってみることを繰り返すと、顔を他のモチーフと変わらず冷静な目でみることができます。

中心点を中心に目はどのくらい離れているか?唇は?と、各パーツの位置を測ってください。

3.あらを探す


中心を決めて測ったら、次は描き込んでいきます。

ここで注意したいのが、イラストの顔は可愛く描くためにお化粧する感覚で描くのですが、絵画でそれをすると物足りない絵になります。

イラストはいわゆる盛って撮った上に加工をした写真のようなもの。シワや顔の隆起の影など立体感や質感を目立たなくさせて人間ぽさを排除し、お人形さんぽく見せています。

絵画調の顔を描きたいのならしっかりとあらを探しましょう。
少しブサイクに描くような気持ちの方がいいです。

すごい美女の絵画であっても、まずは一旦ブサイクに見えるくらい立体感を強調しましょう。

頰や眉にある隆起が描けてない絵を多く見かけます。
ほっぺたがぷくっとしていると愛らしいのですが、赤ちゃんや太っている人でなければ実はそんなに頰はオプルプルではありません。
頰の下にある骨と筋肉を感じさせましょう。

骸骨を見ながら顔の絵を見てみるとイメージしやすいと思います。頬骨を正確に描けると他の人より一歩リードできますよ。

まとめ


顔は人気があるモチーフでありながら、小さい時からの先入観によりちゃんと描ける人があまりいません。

まず先入観を捨てること
そして比率を測ること

他のモチーフと同じように冷静に見ることで劇的に変化できるので、初めはうまくいかなくても諦めないでください。

エロティックな表情を描きたい方はこちら→エロい表情の描き方のコツ

絵が劇的に上手くなるたった2つの改善点

絵を描く男意外に知られていない、絵が劇的に上達する秘訣をお伝えします。

こちらも参考にして頂けると、さらに上達への近道です!→絵がうまくなるコツ!二つの視点

1.道具
2.姿勢

1.道具


道具が安かったり古かったりするから問題か?というと必ずしもそうとは限りません。
道具の使い方に問題がある場合の方が多いです。
例えば…

筆に絵の具をつけすぎていないか?
筆につける水は少なすぎないか?
鉛筆の持ち方はおかしくないか?
鉛筆の芯はちゃんと削れているか?

ペンに負担がかかるほどの筆圧で描いていないか?
ペンの先にインクは溜まっていないか?

…など、道具を繊細に使うべきところで強引な使い方をしていないかを省みる必要があります。
確かに絵はどんどん描くのがいいです。しかし、いつまで経っても少しも進歩がないと感じる場合は、道具を正しく使えていないために停滞している可能性が高いです。
手に力を入れたら強弱はつけられます。しかし、力を入れたのに思ったほど強弱がつかなかった場合は、その道具とあなたのしたい表現がズレている可能性もあります。
道具を壊しかねないので、他の方法も見直してみましょう。
道具の使い方でよくあるケースと解決策をまとめました。

水彩絵の具編

・太い筆で細かいところを塗ろうとしいる
→細い筆を買ってみて下さい。そして使い分けしましょう。

・水をたっぷりつけて細かいところを塗ろうとしている
→水をタオルなどでよく拭いてから絵の具をつけましょう。水たっぷりだとはみ出します。

・広い面積を細い筆で塗ろうとしている
→小刻みなタッチが出てしまいます。狙うならいいです。フラットに広い面を塗りたい場合は横幅の広い平筆という筆やハケを使いましょう。

・太いハケに水を多目につけないで使っている
→上述したハケなどを使う場合水が少なすぎると、大きな筆全体に絵の具が行き渡らず、絵の具の分量が場所によって全然違う状態になり、偏ってカサカサした表現になってしまいます。
必ず筆の端から端まで水に浸らせましょう。

・筆に汚れがついたまま別の色を使っている
→筆をよく洗えていない、そしてそれをふけていない状態で新しく筆に絵の具をつけると、混色されて濁ってしまいます。明るく冴えた色を使いたい場合はしっかり筆の汚れをとりましょう。

・筆に水が少ない状態で絵の具を薄く塗ろうとしている
→薄くするなら必ずたっぷりの水が必要です。しっかり絵の具を溶きましょう。

・筆に水が多い状態で塗ろうとしている
→上述した絵の具を薄く塗るためにしっかり水に溶かしている場合ならいいのですが、水を多目に使わなくていいときに水を多く使うとにじんだりはみ出したりして使いづらくなります。

また、初めに可能性は低いと書きましたが、道具そのものが古くて消耗していたら取り替えましょう。

筆→
絵の具がこびりついて固まっている
筆先が割れて水に入れても戻らない
線の始めと終わりが細くひけない

絵の具→
固まっている

この辺りを目安にして下さい。

2.姿勢


道具の使い方とも重なる話なのですが、正しい姿勢で絵を描かないと、変な動きをしてしまってうまく描けなくなる可能性が高いんです。
更に道具も間違った使い方をしてしまい、姿勢が悪いと道具も悪くなるんです。
道具が悪いから更に変な姿勢をとってしまって絵もうまく描けなくて…という悪循環が生まれてしまいます。

姿勢、というと「ただ椅子に座って描くだけでしょ??」と思われるかもしれませんが、絵に夢中になっていると意外と無理のある姿勢を取ってしまうものです。
以下チェック項目です。

1.椅子に深すぎない位置に腰掛けている
2.右か左に体は偏っていない
3.足がブラブラ宙に浮いていない
4.椅子と机の高さがちょうどいい→極端に前かがみになっていない
5.手首を思い切り曲げて描いていない
6.休憩時に手首が痛くなっていない
7.休憩時に首が痛くなっていない
8.体の真ん中(おへそ)に描いているものがある

特に体の真ん中に紙がくるようにするのが大切です。右か左に寄ってると体が傾きます。
あと、手首にすごい力が入っているのも良い線がひけません。手首を90度に曲げた状態で力を入れないよう注意してください。
多少猫背になるのは仕方ないというか…宿命ですね。
よくストレッチして下さい。

頭で分かっていても、自分が描いてる姿は見えないので、どんな姿勢になっているか分からないものです。
私も生徒さんたちを見ていく中で、ようやく「姿勢って大事なんだ!」と気づきました。
姿勢を正して線を引く練習をしてもらい、ビフォーアフターで比べて見たらかなり改善されていました。

しかし中には変わった姿勢で描くのが定着してしまった人もいると思います。
疲れないで快適に描けていて、絵にも悪い影響がないなら、そのままでもいいのかなと思います。
漫画いちご100%で知られる河下水希先生は、体育座りをしてそこに紙を立てて描くとか…
私も実は鉛筆の持ち方は間違っています。なので変な位置にペンだこがあります。
小さい頃からなのですが、母が、絵にどんな影響が出るか分からないから矯正できなかった、と言っていました。
自然と疲れない姿勢と持ち方を身に付けたみたいです。小さい頃はときどき指が痛いことがあったな!そういえば!!←今書いてて思い出しました。

まとめ


道具の使い方と描く姿勢については客観的に見るのが難しいので、直すのも大変だと思いますが、気づけると目から鱗が落ちるように急に上達したりしますよ。
絵画教室に通っているなら、先生にそれとなく聞いてもいいかもしれませんね。良いアドバイサーを見つけることも、絵の上達を早めますよ。→絵を最短で上達させるには〇〇をなくすこと

絵の上達にもなり、絵の行き詰まりも防げる!落書きのススメ

色鉛筆突然ですが皆さんは「落書き」をしていますか?
小さい頃ならしていたけど、大人になってからは落書きというよりイラストや絵を描いている…そう思われた方は多いかもしれません。
今回は閃きやストレス解消になる、落書きの効能について書きます。

1.心がスッキリ
2.新しいアイディアに繋がる
3.絵も上手くなる

1.心がスッキリ


私の落書きの定義は、「何となく絵を描くこと」です。高いクオリティは無いものですが、描いてて楽しくなってしまうもの…そんな絵です。
無意識を解放してあげるというか、絵で行うブレインストーミングと思って頂けると幸いです。
絵のブレインストーミング、していますか?
義務感でやるものではないので、気軽にやるのがコツです。描きたいものを描いてしまいましょう。難しくても、落書きなら適当にごまかせます。
この、適当にごまかして絵を描くというのが大事で、本番の絵ではできないですよね。だから落書きでやって鬱憤を晴らしましょう。
全体像や構図や「雰囲気」重視なので、雰囲気がいい感じになるように描きましょう。
しかもその雰囲気だって、自分にだけ伝わればいいんです。
とにかく「これじゃダメだ」と高いクオリティを求めるのでは無く、目的を持たず何気なく描いてみましょう。
私は絵が描きたいのに手が止まってしまって悩んでいる時、同じように絵を描いている友人から、落書きはしてる?と言われて目から鱗が落ちましたよ。
心の排泄全然できてない!と気づきました。
クオリティだけ求めるのは苦しいことです。
何気なく描きたい物を描く…大昔を思い出して素直にやってみたら、好きな人の絵だらけになりました笑
それでいいんです!誰にも見せなくてもいいし、見せたくなったら親友にだけ見せましょう。
私は長い付き合いの友達には見せました。ドン引きしないでくれた。ありがとう。

2.新しいアイディアに繋がる


落書きの良いところは、意図を持って描いていないので、意外な絵が出来上がることもあるところです。
まるで夜見る夢のようにアイディアをくれることがあります。
構図、モチーフ、デザイン、表情、さらっと描いたものの中に、これは!と思える箇所はありませんか?
良いものが出てきたら、そのまま描き続けてみるのもいいし、新しく本番用の紙に描き始めるのもいいですね。トレース台を持っておくと、簡単に別紙に写して描けるので便利ですよ。

3.絵も上手くなる


落書きもバカになりません。サラッと絵を描くのは、クロッキーに通じるところがあります。
クロッキーとは物を見て線だけで一発描きをすることです。やり直しせず描くのが目的なので、緊張感のある線をひく事が求められます。
同等の緊張感は持たなくてもいいですが、落書きは何重も線を描いてデッサンみたいには描かない場合が多いと思います。(そうなっても面白いけど)
落書きをしていると、サラッとしているのにいい感じの絵が描けるようになります。
本番の絵を描くときも、無駄を省けたり、描くスピードが上がったり、線のキレが良くなったりしますよ。

まとめ


落書きは心の排泄と頭の整理と絵の練習が一度にできて、一石三鳥だと思います。
いざ描こうとなると手が止まるかもしれませんが、完成度が低くてもいいし、ぐちゃぐちゃでもいいのだと気負わずに描くのがポイントです。
鼻歌を歌うように、ルンルン気分で描けるといいですね。