絵の悩み

芸大美大、美術系出身者が自分の作品で食べていく方法

りんごを塗る人今回は現役の芸大生や美大生、美術系の学生全般、もしくはそれらを卒業した人が、どのように作品で食べていくのかを書きました。

正直に書きます。

私の周りで作品だけで食べてる人は1人もいません。

一応私は国内トップと言われる東京藝術大学油画科出身です。

同大学出身の知り合いは多いです。

作品を作りながら別の仕事(美術系だったり違ったり)をしている人が99%くらいです。
絵が売れても!です。

この事実を受け止め、何をしたら作品だけで食べていける生活ができるのか、考えるきっかけになればいいなと思います。

1.自分の作品の強みと需要はどこにどれだけあるか、立ち位置を常に考える
2.絵に打ち込むこととセールスの仕方を学ぶことを両立させる
3.自分を宣伝することに慣れておく

1.自分の作品の強みと需要はどこにどれだけあるか、立ち位置を常に考える


何故作品だけで食べていくのが難しいのかというと、学校では誰もその方法を教えてくれないからです。
美術系の就職については教えてもらえる機会があるかもしれませんが、作品を高値で売買してそれだけで生計を立てていく方法はというと…
これといった方法はないし、成功するかはその人次第なので、誰も教えてくれないもとい教えられないのです。
ミュージシャンや俳優を思い浮かべると分かりやすいと思います。

なので教わるというより、成功している先生や先輩から盗むのがいいと思います。

しかし…あなたと近い作風のタイプの作家でなければ、同じことをしても意味がない場合があります。
近くにいるから1番良いお手本になるとは限らないのです。
作品のタイプによって売る場所や受ける場所が違います。

1番効果的なのは尊敬していて目標にしている作家さんの成功したルートを辿ることです。
(作風があまりに自分と違う作家さんであれば、丸々参考にはできません)

いつ、どこに持ち込みをしたか?いつ、どのコンクールに出したか?売れていない時はどうしていたのか?売れるキッカケは何だったのか?

便利なネットを駆使して調べてください。

そして、その作家さんから自分は何歩遅れたところにいるか考えましょう。

どうしたらそれを覆せるか?

人脈がないせいなのか?実積がないせいなのか?予算が足りないせいなのか?

照らし合わせて足りないところをハッキリさせましょう。

あとは自分が活躍できそうな界隈を見つけ、そこに対するアンテナを常に張っておきましょう。

自分の作品が受けそうなギャラリーや出版社のSNSをフォローしておくといいです。
会社や大手企業である必要はありません。
個人でも自分がビビッときた人をフォローしておくといいです。
「絵を描ける人募集」なんて告知があるかもしれません。

2.絵に打ち込むこととセールスの仕方を学ぶことを両立させる


絵を描くことに打ち込みたいから他のことをする時間なんてない…気持ちは分かります。

でも美術系の学校に入れたあなたなら普通の人よりは画力があるはずです。
美術系の学校に入れなかったとしてもこの記事に興味を持って読んでくださってる方なら、絵に興味があるということだからやっぱり普通の人より絵が描けるはずです。

なので「もっとうまくなりたい!」という素晴らしい向上心は少しだけ脇に置いておいて、〝セールス〟にも力を注いでください。

学生の頃勉強しておけばよかったと、私が最も後悔していることです。

絵に使う時間のほんの5%くらいでいいから使って
セルフブランディング
マーケティング
セールスライティング
キャッチコピー
ニーズ
ファン
プロモーション

自分の作品を売るためにはこれらはどう使うのかということを考えるようにしてください。

商売なんて、絵描きの自分のすることじゃない、もしくはできない、そう思いましたか?

なら社会に出たら平日は別の仕事をして休日は作品作りをする生活を送ってもいいと思います。

ただ、子供ができると休日はほぼ無くなります。

やりたい仕事に就けたらいいけど、平日はやりたくないことに時間と体力を使って、休日は育児をする…

絵を描く時間は…?( ゚д゚)

愚かな私は子供に時間の大切さを教わりました。どんな手を使っても!絵の仕事したい!絵以外の仕事にたくさん時間は割けない!…と。
今ネットビジネスやセールスを0から勉強中です。
絵を売ったり、自動で収入を得たりしたいから。

大学のうちに少しでもかじって考えておけばな〜と思っています。

3.自分を宣伝することに慣れておく


人が集まる場所では自己紹介がてら「絵を描いている」ぐらいは必ず言いましょう。

美術系の人が集まる場では「こんな作品を作っている」と、具体的にできることとやりたいことを話しましょう。

私は人からお仕事を紹介して頂いたことが何度もあります。→絵の仕事をする為に準備するもの4つ
いつも携帯に作品の写真を入れていること、名刺を持ち歩いていること、そんなささやかなことを尊敬する作家の先生に褒めていただきました。
(逆にそれをしてない人は注意されていた)

自己顕示欲たっぷりに見せびらかすわけではありません。
話題や仕事や友人を広げるコミュニケーションツールとして、「絵が描ける」というあなたの能力を使うだけです。

まとめ


絵で食べていくのはなかなか難しい!でも昨今は様々な発信の仕方があります。自分の売り込み方を勉強すればきっと道は拓けてくるはずです。

絵の悩みに多いものは?ジャンル別の解決策

ハートの妖精絵の悩みを調べていると、いくつかに系統が分かれるので、まとめました。↑こちらは私が描いた心臓の妖精です。

1.絵が上手くなりたい
2.絵を描くのが辛い
3.この絵をチェックして欲しい

1.絵が上手くなりたい


こちらは絵を描く人なら誰しも思うことですよね。
しかし絵のレベルや環境が人によって違うため、悩みのジャンルとしては一括りにできても内容は千差万別です。
普遍的な問題の解決策を並べました。
①短期間でうまくなりたいならポイントを絞って練習
②どの部分を上達させたらいいか分からない場合は、好きなものの模写かデッサンをする
③上手い人は常人の1000倍以上の時間を掛けていることを思い出す

①短期間でうまくなりたいならポイントを絞って練習

まず、短期間でうまくなる必要があるのかを考えましょう。
自己顕示欲や承認欲求が純粋にうまくなりたい気持ちより勝っていませんか?→絵のスランプの乗り越え方…絵を描くのが嫌になってる方へ
もし何が何でもスピードを求めるのなら、モチーフを一つ決めてそれを重点的に練習しましょう。
短期間での上達を狙うなら、モチーフは抽象的なものではなくハッキリと具体的なものがいいです。
例えば夕焼けの赤を描けるようになる、可愛い女の子を描けるようになる、などではなく円柱を正確に描けるようになる、などがおすすめです。→絵が上手く見える!描けるようにしておきたいモチーフ3つ
イメージとしては念能力の具現化系能力者になったつもりで、目をつぶっても課題のモチーフが見えてくるくらい描くことが理想です。
とにかく反復。勉強と一緒です。

②どの部分を上達させたらいいか分からない場合は、好きなものの模写かデッサンをする

①と似ていてこちらも絞って練習する解決法ですが、時間を掛けても構わない人向きです。ひたすら好きなものを描き続けるのです。
ポイントはすぐリタイヤしないこと。
好きなものだったら細く長く続けられる可能性が高いです。
早めに飽きてしまう場合は描いているものが好きなものではないのかもしれません。こちらのテストではあなたの本当に好きなものが発見できます。→色気のある人物やキャラを描くには自分の性的嗜好(フェチ)を知る事
参考資料そのものが好きなものであるとモチベーションがかなり上がるので、例えば女の子を描く!と決めたとしたら適当な女の子の写真を使うのではなく、ちゃんと好きな芸能人好きなアニメキャラまたは実際の好きな人の写真を使わないと、モチベーションが下がりやすくなるので注意が必要です。→絵を楽しく描くための〝資料〟とは?用途別4種類

③上手い人は常人の1000倍時間を掛けていることを思い出す

自分には才能なんか無いな…と思ったら思い出してみて下さい。
今まで絵にどのくらいの時間を費やしたのでしょうか。
私の場合ですと、物心ついた頃からどんなことより優先して夢中になって描いているので、1日最低でも2時間は描いていると思います。
5歳から32歳まで1日2時間×365日×27年=19710時間です。
このくらいやったら、誰だってうまくなれます。
しかも子供や大学生時代は時間がたくさんありました。
みんなが他のことを頑張ったり夢中になっていた時間を、絵に使っただけなんです。
大人の方だって、今から優先的に絵に時間を使えばどんどん伸びます。
上手い人の才能がうらやましくなったら、相当時間をかけたんだなと思ってください。
むしろ、時間かければ自分だって…!くらいに奮起してもいいくらいです。
異論はあると思いますが、才能とは延々と打ち込む対象に時間を費やせることだと私は思います。
一心不乱に打ち込み続けることで適正の有無を凌駕することもあると思います。
絵を描くことに適正があって、80点くらいの絵を簡単に描ける人がいるとします。
それに対し絵は30点だけど、どんな時も夢中になって描き続けている人がいたとします。
80点の人はそこから100点を目指すには、工夫や練習が必要になってきます。簡単に高得点が取れてしまうから、どうやったら高得点を取れるのかを試行錯誤したり苦労したりする機会に恵まれ無かったのです。
私も普通の人よりは絵が描けるからこそ、この問題に直面しました。
30点だった人には自分なりのセオリーが少しずつですが構築され、絵にネチネチ何年も描き続けた厚みが生まれてきます。
それは独自性を生み出し、人から簡単には真似されない作風になります。
このように人のことが目に入らないくらい、夢中になって下さい。
上手い人でも悩みはあるし、伸び悩むこともあります。それでも他のことよりたくさん絵に時間を費やしたから、さらに上手くなっているだけなんです。
私も周りの美術系の人も、サークルに入ったこともなければ合コンすら行ったことのない、恋にはオクテな人ばかりでした。若い頃そこに時間を使ったことがないから…泣→自己表現、恋活婚活、就活は似ている

2.絵を描くのが辛い


この悩みも状況によって解決策は違いますね。
普遍的な解決策はこちらの記事にもまとめています。
①悩みすぎない
②付き合う人を変える
③お休みする

①悩みすぎない

絵の悩みについて書いてあるサイトなどを見ると、とても真面目な方が一生懸命頭を悩ませて辛くなってしまっている印象を持ちます。
楽しく絵を描いていたはずなのに、ちょっとした一言を気にし始めたり、充分上手いのにストイックすぎて自分にダメ出しをしすぎてしまったり。
理想も高く、どこかで見たことがあるなんて言われたくないという気持ちも強いように思います。
虎の威を借りて人気な絵の2番煎じになるよりは、誰とも被らない絵を描きたいという理想を掲げる方が立派です。
しかし頭で考えすぎて手が止まってしまったら、手を動かしている人には遅れをとります。
批判を浴びながらでも作品を作り続けている人の方が行動しているので、一歩づつ進んでいます。
なんだかんだと作品を作り続けられるのも才能と努力がないとできないので、それだけですごいことなんです。
立ち止まって何もしていない(ように見える)人の意見よりは説得力を感じてもらえるものです。
作品を作る手を止めてしまうのは勿体ないです。
悩むせいで手が止まってしまうなら、悩む時間と作る時間の切り替えが必要です。
そもそも制作は心の排泄の役割も担ってくれているので、作品についてすごく考えているのに作品を作らないという状態だと、アウトプットがうまくできなくなって呼吸困難を起こしたみたいに苦しい気持ちになってきます。→自由に絵が描けなくなったとき、してはいけない2つのこと
悩みを解決するにはどうしたらいいかを考えるよりも、悩む時間を減らすにはどうしたらいいか考えて楽しい時間を増やした方がいいかもしれません。

②付き合う人を変える

あなたの周りにはどんな意見を言ってくれる人が多いでしょうか?
意見を言ってくれるからと言って、必ずしもあなたの為になるとは限りません。→沢山の意見に振り回された…聞くべき意見とスルーすべき意見の判断の仕方
いつも一緒にいると苦しい気持ちにしかならない…そう感じる人間関係とは、距離を置いてしまいましょう。
あなたにとって本当に必要ならまた繋がります。
甘い人とだけ付き合えばいいというわけではありませんが、居心地よさを感じられるかどうかに敏感になってください。
常にきついことしか言わない人からたまに優しい言葉を掛けられると、ムチが続いた後の飴みたいに感じられて、心地よいと錯覚しやすいと思います。洗脳されている状態に近いです。飴が欲しくてムチに耐えてしまうようになります。
あなたも相手もお互いに思ったことを言い合えるなら問題ない関係だと思います。
でもそういう関係の中で言い合う厳しい言葉って、そんなに傷つかないし、逆に飴みたいな甘い言葉も必要ないんですよね。
いくら親しくてもこれは言っちゃダメだろうというラインを超えてくる人には注意してください。
厳しいことって、優しい口調でも言えるものですよ。

③お休みする

①悩みすぎない で、手は止めない方がいいと書きましたが、本当に心も体も疲弊している時にはお休みが必要だと思います。
特に絵を描くことが趣味ではなく仕事や課題になっている時には注意が必要です。
「絵を描きたい」という気持ちより「絵を描かなきゃ」という気持ちが強くなっていませんか?
絵を描くことの義務感が強くなっている場合は、初心に帰ってやりたいことをしたり、やりたかったことに挑戦してモチベーションの回復をしましょう。→絵のモチベーション維持に最も大切なもの

3.この絵をチェックして欲しい


ネットのお悩みコーナーではこのタイプの質問をよく見かけます。
携帯端末のカメラで撮影した自分の絵をアップして、ご意見お願いします。と書いてある形式のものですね。
絵の悩みは文章でやり取りするよりも目で見て判断する方がスムーズですよね。
やはり良いメンターを見つけて指導してもらうことの重要性が伺えます。→絵が最短で上達するためには〇〇をなくすこと
近々このブログでも絵の添削を受け付けようかなと思っているので、ご興味を持たれた方は一言添えて菅原に送信して頂けると幸いです。
こう見えて絵の先生でもあるんですよ。

まとめ


絵の悩みは技術的なものと精神的なものが複雑に絡み合っていると思います。
一つ一つ解きほぐして、快適な絵画ライフを送れたらいいですね。

ファンを作る方法!ファンロードという雑誌に学ぶ

オリジナルキャラ↑こちらは私のオリジナルキャラクターです。

ファンロードという雑誌をご存知でしょうか?
年から年まで月刊で刊行されていたアニメ・漫画のファンのための雑誌なのですが、特徴は、ほぼ全てのページが読者の投稿でできているところです!ネットが普及する前、pixivなどのイラストのサイトが存在しなかった頃はこういった読者参加型の雑誌がイラスト好きの集まる場所となっていました。アラサー、アラフォーのオタクの方は目にしたことがあると思います。
葉書台とB5版の大きさのイラストで構成されています。
大きな紙を切って葉書台にして使っていたので、白い大きな紙を見ると、葉書サイズに切るための線がシャイニングロードとして見えていました笑
そのくらい投稿漬けの日々でした。今でも雑誌社の旧住所ソラで書けます!
投稿してから掲載されるまで2ヶ月かかるんですよね。現在ネットでは秒速でアップロードしたりコメントしたりできるので速さでは劣ってしまいますが、「載るかな?ボツかな?」というドキドキ感がよかったです!

その雑誌では今で言う人気絵師さんがたくさん誕生しました。私もファンコールを頂けたり、楽しい青春を送りました。

ふと気づいたのですが、ここに無名の絵描きがファンを作るためのヒントが隠されていました。

ネット上でも同じことが言えるのでは?と思ったので、忘備録的に書いて活用したいと思います。

1.継続&定期的に絵投下
2.特定のジャンルで有名になる
3.分かる人に分かればいい!尖った絵を描く
4.ちょっと自己開示する

1.継続&定期的に絵投下


これが実は1番大事なのではないかと思います。
私はファンロードには中学生から高校生まで投稿していたのですが、始めた月から毎月欠かさず出していました。
運良く初投稿から載せてもらい、たまに全部ボツになったり、10枚送って良くて3枚載せてもらうのが1年くらい続きました。
特にファンコールなどはもらえなかったのですが、そんなのはもらえる人なんて雲の上の人くらいに思っていました。
おそらく全く認知されていない存在だったと思います。
そんな感じで2年くらいしたとき…遂にファンコールを頂いたのです!!
それからはネタにして頂いたり、ファンコールも度々頂けるようになって、徐々に「誰それ?」な存在だった自分が「認知されているな」と感じて来ました。
しかしこれがもし毎月投稿していなくて、しかも短期間で途中でやめていたとしたら、誰にも知られなかったと思います。
毎月ものすごい枚数送っているのにボツになったり1年以上認知もされないとか…描くことそのものが楽しいから続けられましたね。
もちろん1年たらずで一気に注目される方もたくさんいらっしゃると思います。でも、地味な私でもうまくいった話として頭の片隅においてくだされば幸いです。

2.特定のジャンルで有名になる


ファンロードは漫画とアニメを中心とした投稿雑誌だったのですが、食べ物や音楽や映画や本など、自分が好き!と思ったものを絵や漫画にしてみんなに見てもらうコーナーが沢山あり、そこも魅力でした。
私は「HUNTER×HUNTER」と「オリジナルキャラ」のイラストを必ず毎月出していました。
これも好きすぎて継続できたので、絶対に好きなことじゃないとボロが出てしまうことですが、毎月同じコーナーに登場することで「HUNTER好きな人」として同じHUNTER好きな人から認識してもらえます。
そして「このHUNTER好きの人はどんなオリジナルの絵を描くんだろう?」と興味を持ってもらいやすくなります。
オリジナルキャラのコーナーにも毎月出していたので、そこでも同じキャラを登場させたり物語の1シーンのような場面を描くと、「このキャラ先月も見かけたな」と連載もののように覚えてもらいやすくなります。
私のオリジナルキャラの名前を覚えていてくださった方にお会いした時は、涙腺決壊でしたよ。。。

3.分かる人に分かればいい!尖った絵を描く


最初は「目立つ絵」や「人気の絵」が羨ましくて、そういう絵を意識して描いていました。
しかし自然と描きやすい絵や、描いていてドキドキする絵に移行していったのですが、それからの方が格段に注目されるようになりました。
可愛くてポップなタッチから、ダークでどぎついタッチへ変貌しました。ハンタにハマったのも大きいけど…。
白目向いたキャラとか描きました。リアル厨二病だったのもあると思うけど、やりたい放題でした。
でも、「ここまでやっていいんだ!って触発された」と言っていただけました…!
いいと思ってくれる人はいるんだなーと感激しました。
3.特定のジャンルで有名になるにも通じますが人気のある絵師さんは、得意ジャンル、好きなジャンルを持っている方がほとんどでした。(何でもかける方もいます。)
ロリ系、グロ系、リアルタッチ、、、癖が強すぎるくらいの方が、しっかり目立ちます。

4.ちょっと自己開示する


ファンロードには自分の近況を絵と文字で綴るコーナーもあったのですが、そこに描いてある情報が、顔の見えない程よく投稿者に親近感を持たせてくれます。
この人絵はかっこいいけど甘いもの食べるのが趣味なんだ…とか、丁寧に絵のあの人は意外にもギャルなんだな…とか
葉書一枚ぶんの情報しか書けないので、長すぎる自分語りを防ぐことができて、ウザさ全開になるのを回避できていたのは恵まれていたと思います。
今は叩かれるのも怖いと思ってしまうし、程よく自分についてネットで語ることにハードルを感じてしまっているので、「つまらない人」になりがちかもしれません。

まとめ


継続&定期的に絵投下
特定のジャンルで有名になる
分かる人に分かればいい!尖った絵を描く
ちょっと自己開示する
これらを今ならSNS上で自然とやっていた人には、それなりにファンや仲間ができているのではないでしょうか。
しかし本当の目的はファンを作ることではなく楽しく気持ちよく描くことなはず。
ファンができなくて苦痛を感じてしまうことがあったら、開き直って好き勝手やるのもいいと思いますよ。
キャラクターの絵をふつふつと描きたくなってきた場合はこちらの記事がおすすめです。→キャラクターの絵の参考資料になる意外な物