絵の道具

人物デッサンが漫画絵っぽくなる…マンガ絵やイラストと絵画の違いとは?

顔のアップ静物は描けるけど、人物になるとなんだか漫画っぽくなってしまう…そんな事はありませんか?

今回はデッサン、主に人物画がマンガっぽくなるのを防ぐためのコツをお伝えしたいと思います。

1.マンガっぽさとは何か?
2.絵画っぽさとは何か?
3.マンガ絵はダメ?
まとめ

1.マンガっぽさとは何か?


マンガっぽいとは、つまり本物の人間っぽくないということです。

そもそもマンガとは、多くの場合見るものではなく読むものなので、絵も文字のように情報を伝えるツールとしての側面が強いものです。

様々な情報を伝えるため、シンプルな線に簡略化され表現を誇張されています。

マンガっぽさの代表例を挙げていきます。
頭が大きい
目が大きい
髪の毛が硬い
手指が雑
変な方向に関節が曲がっている
…など

これらが起こらないように描けば漫画っぽい絵にはならないということです。

2.絵画っぽさとは何か?


では絵画っぽさとは何か?
絵画的と称されるものの多くは綿密に描き込まれた陰影を持つことが多いのです。

漫画のシンプルな線とは対照的です。

また、人物画は漫画のキャラクターと違い、漫画っぽさの項で書いたような人体の過度な誇張はしていない場合が多いです。(デフォルメ表現は除く。デフォルメ表現している人物画こそ、漫画に寄せている。)

デッサンが漫画っぽくなってしまうのは、大きく分けて2つの原因があるから起こります。
それは
人間の体の比率の間違い
人間の体の質感の表現不足

頭・肩・手・歌詞・足の長さや幅の比率のバランスがおかしいことを解決すれば、ぱっと見の漫画絵っぽさはほぼ改善されます。

しっかりと陰影を観察して描写し、人体の質感が表現できれば、人間の存在感を出すことが出来て、絵画調の人間が描けるようになります。

デッサンの描き方でも触れたように、10段階のグレーを探して再現するような気持ちで影をつけていってください。
あとはタッチ(線)を物の形に沿ってひくこと。
丸い物を描いているのに、斜線ばかり使わないこと。

あとは人物の顔の描き方で触れたように、可愛く描こうと思わないこと。

以上を強く意識してみると、変化していくと思います。

マンガ絵はダメ?


マンガっぽくない方が、よく観察した感じは出ます。
しかし絵で重要なのは、魅力的で惹かれるか、だと思います。
特に人物を描くときは、萌えるか?ということも基準の1つになってくると思います。
デッサンの狂いが無くても全く萌えないとなると、魅力は低い絵となってしまうでしょう。
必ずしも上手い絵=萌える絵ではないので。
絵画調もマンガ調も表現の仕方の1つに過ぎないので、やり方ばかりに捉われるのではなく、絵として見たときに物足りなくないか?ということを重視する方が力のある絵が描けるのではないかと思います。

まとめ


人物デッサンがマンガっぽくなるのを防ぐには、
1比率をしっかり測る
2陰影をしっかり描く
他の記事でも書いてるように、基本をしっかりやることで防げるんですね。
しかしマンガ調の絵は悪いというわけではなく、魅力的に描くことができたら、どんな表現の仕方もありということです。
自分にはどんな表現方法が合うか?考えてみるといいですね。

絵のマンネリ対策は得意と好きを伸ばすこと!


↑こちらは私の絵です。それなりに絵を描いてきた人なら、自分の得手不得手や、癖や嗜好も分かってきているのではないかと思います。
もしくは初心者の方であっても、自分ではよく分からないけど人から褒められるのはこういう絵を描いたときだな〜という傾向はありませんか?

自分がどういうタイプか知るのは絵の上達には有効です。
しかしあまりに「自分はこういうタイプでこのパターンで描く」と決めすぎてしまうと、絵で冒険しづらくなってマンネリ化してしまいます。

今回は自分の得意なことを生かしつつマンネリを防ぐ方法を考えてみたいと思います。

1.言葉3単語くらいまでで表現できるようなものを描く
2.好きなものを得意技を使って描く
3.思い切り違うことをする日を作る
4.SNSでアンケートを取ってみる

1.言葉3単語くらいまでで表現できるようなものを描く


単語を1つだけに絞って表現しようとすると、すぐネタが尽きてしまいます。
例えば女の子を描くときはどんな女の子にしたいのか、5w1hで簡単に答えられる範囲の単語をいくつか用意して組み合わせるといいです。
女の子、セーラー服、脚フェチ
のような具合に。
私はしばらく「少女、ケモナー、レース」で落書きを続けました。


こちらの質問に答えて自分の性癖を洗い出したり整理して見るのもオススメです。

2.好きなものを得意技を使って描く


好きなモチーフを、得意な描き方で描きます。
いつもやってることだと思われたかもしれませんが、せっかくだから超大好きな、本当に本当に1番大好きなものを、もう目を瞑っても描けるくらい得意な方法を用いて描いてみませんか。
私が大好きなモチーフは人ですが、実は色が苦手なんです…カラフルなものは大好きなんですが…カラフルな人物の絵が描きたいんです。
それも、大好きな狂ったエロい感じの表情の(HUNTER×HUNTERのヒソカみたいな
なので果敢にカラフルなエロい人物画に挑戦しているのですが、モノトーンとどうにか組み合わせられないか試行錯誤しています。
思い切って黒く影をつけることで、カラーを際立たせつつ得意分野に持っていけないか試しているところです。

3.思い切り違うことをする日を作る


普段人物画を描くなら建物を描いて見るとか。メカを描くなら生き物を描いて見るとか。裸を描くなら衣装を描くとか。
もしくは漫画家になったつもりで背景から小物、カメラアングル、キャラまで全部描いて見ると意外にハマれるモチーフに出会えたりしますよ。
いつもとは思い切り違う道具や技法を使って見るのもオススメです。
こちらに意外と使える道具が書かれています→絵を描く道具で意外に使える道具4選
スプラッタリング、マーブリング、ハッチング、グリザイユ…なにそれ?って思った人は興味があったら調べてみてください。
手芸屋さんやホームセンターへ行って、画材ではないものを使ってみたり、いっそDIYするのもオススメです。→DIYとリメイク!インテリアは自分の作品で

4.SNSでアンケートを取ってみる


こちらはtwitterがオススメですが、インスタやFBでも大丈夫だと思います。
思い切ってフォロワーさんに、「AとBどっちが好きですか?」と聞いたり、「この中で見たいのはどのテーマの絵ですか?」と質問を投げかけてみましょう!
きっと数人は反応をくれるはずです。
意外なことが分かるかもしれません。私はそうでした。
ドキドキしたけど勇気を振り絞ってやってよかった!
フォロワーさんのお陰で細かい線画が持ち味だと分かりました。
受験絵画描き始めた頃から分かってたんだけどね…描きたいものが凸凹のついたカラフルな絵だったから認めたくない気持ちもあって。
でもフォロワーさんたちが優しく答えてくれたから、前向きに頑張ろうって思えました。
フォロワーさんたちいつもありがとうございます!!!

まとめ


このブログでは「好きと得意の重なるスポットを探して、好きなものを得意なことを使って描く。」がモットーだから、これを読んでくださってる方には得意な技を使わずストイックに頑張りすぎるのも、好きモチーフや使いたい技術を不得意だからと諦めるのも、どっちもしないでいい感じを目指して欲しいです。いい感じを目指さないと精神が持たないと経験上思います…→絵のモチベーション維持に最も大切なもの
あなたも私も気持ち良く描けることを願っています!

絵を描く道具で意外に使える道具4選

天使の幻想夢2p↑こちらは私の作品です。今回ご紹介する道具を使って描いています。

ある程度絵を描いていると、使う道具も変化していきますよね。
今回は私が普段使っている道具の中でも、あまりメジャーではないものについて描きます。

コピック
ハイテック
ポスカ
墨汁
番外編

コピック


一言で言うと便利な筆ペン

イラストをアナログで描き始めるときに、1番多く使われ始めるのがコピックではないでしょうか。

水彩のように水や筆やパレットを用意する必要もなく、サインペンと同じくポンと蓋を外して気軽に描き始められるのが良いところです。

サインペンのようでありながら、ペン先が筆ペンのようになっているので細かいところを塗ったり重ね塗りをしたりするのにも適している優れものです。
色数もかなり豊富で選ぶのが楽しいです。

色数も豊富でボディが持ちやすい楕円形で高額な方がコピックスケッチ。
色数は少ないけど小ぶりで安価なのがコピックチャオです。

スケッチとチャオで色番号が被っているものもあるので、チャオとスケッチを組み合わせて使うのがオススメです。(*´-`)

このコピックの驚きの点は、
1.アクリル絵具や油絵の上から描ける
2.水彩色鉛筆や鉛筆を薄くぼかせる

というところです。

カラー画材とも、モノクロ画材とも合うようになっています。

特に薄い色番号である0000シリーズはかなり使えます。(コピックは例えば赤系の色ならredの頭文字rの後に、薄い順から0000という数字がついています。)

ハイテック


一言で言うなら極細ボールペン

使いやすい、安価、どこでも買える、という良いことづくめのボールペンです!
ボールペンといっても驚くほど滑りがよくスムーズで、サインペンとの間の子といった感じです。

かなり細くて繊細な線が引けますので、別のペンを使ったペン画の線を整えるために使ってもいいです。

色数も豊富ですが、特筆すべきは0.25ミリという驚きの細さです。

本当に繊細なので無理な力をかけるとすぐペン先が潰れてしまいます。
私は0.3をよく使っています。

思いついたものをさらっと描く時→絵の上達にもなり、絵の行き詰まりも防げる!落書きのススメ
にも使いやすいです!

ポスカ


一言で言うならアクリル絵の具+マジック
もしくはカラーの修正ペン

マジックタイプのアクリル絵の具という感じのすごくハッキリした不透明のペンです。
不透明ですごく強い塗料なので、失敗の修正に上から塗りつぶすのに重宝します。

指で伸ばして使ったり、コピックでぼかして使ったりなど多彩な表現もできます。

100均でも街の文房具屋さんでも手に入るのがいいですね。

墨汁


一言で言うなら真っ黒を作り出せる黒

ムラなく画面を真っ黒にするの…結構大変ですよね( ;´Д`)
墨汁を使うと本当に、ブラックホールみたいな黒い画面が作れます。

薄く溶いて水墨画タッチに使うときもいいですね。
綺麗で滑らかな黒なのでモノクロ作品のグレードを上げてくれます。

番外編


ラメ

パウダータイプと、糊と混ざったペンタイプが主流です。
画面に散らすだけで華やかになります。
粉雪や宝石や化粧のキラキラ感を演出できます。

マニキュア

ちょっと厚手の支持体(キャンバスなど)でないと乾くと紙がよってしまうので注意が必要ですが、とろりと画面に垂らすと蜜が垂れたみたいなあやしげなマチエール(絵の凸凹)を作ってくれます。
スイーツがテーマの時や、エロい女体の周りの演出時に活躍してくれます。