絵の仕事

プロ奢ラレヤーさんに絵をお金にする方法聞いてきた【漫画付き】

プロ奢ラレヤーさんをご存知でしょうか?

Twitterで有名な、「人から奢られることを生業としている」人です。
プロフィールには彼に奢る方法が書いてあります。



「生きててえらい」や、「年収1000万稼ぐ能力より月収15万で楽しく暮らせる能力の方がレア」など、気楽に生きられる名言を呟いていて、いつも勝手に彼の発言で励まされています。
知識と知恵が詰まった現代の賢者的存在の方と認識しています。

何故私がプロ奢ラレヤーさんに奢りに行ってしかも絵の話まで聞いてきたかというと、会ってみたいという純粋な好奇心と、確か当時の奢る時の項目に「僕に聞きたいことがあれば書いてください」と記載があったので、「何か聞いていいの?!」と思ったからです。

ただ奢って雑談するのだって、彼ほど色んな人間に会ってきた人とならとても楽しいに違いないでしょう。

しかし、面白い人な上に何か聞いてもいいらしいとなると、より興味が湧きます。

私の聞きたいことは一つ
「自分が描きたい絵を売ってそれだけで生きていくには?」
です。

イラストの仕事は基本オーダーメイドです。自分発信で描きたいものを描くのとは違い、お客様に喜んでもらえるようにがんばるものです。
自分発信の絵もありがたいことにちょこちょこご購入頂けることはあるのですが…それだけで生きていくとなると簡単ではありません。

自分が描きたい絵を生活費がまかなえるくらい売るには?という質問に対して、なかなか腑に落ちる答えに出会えないんですよね。
趣味にしとけば?ってそれ解決策じゃない!
わがままな、質問だとは承知しています…。
描きたいものだけ描いて生きられたらな〜と甘々なこと考えてしまうんです。

そんなわけでプロ奢さんにお会いしてきました。

さっぱり顔の物腰柔らかなイケメン


早めに着いて緊張して待っていると、来ました!プロ奢さんです…!

まずは挨拶を交わしました。
お声は思ったより低く、動きは思ったより速いです!
表情も豊かなイケメン!
Twitterだと静止画だし分からないですね。

さっそくリーズナブルなお寿司屋さんに行きました。

アートとマーケティング


結構前のことなのでうろ覚えなのですが、こんな流れの会話をしたと思います。

「どんなことしてるんですか?」

「絵を描いています!」

「専攻は?」

「学部は油絵科、修士は美術解剖学でした!」

「解剖学?」

「医学部のご遺体を拝見したり、動物の死骸を教室に持って行って解剖したりします。」

「おもしろいですね…!」

「///」

こんな感じでテキパキとお話しされ、奢る人におもしろいところがないか探っていくプロ奢さん。

いよいよ本題である「好きな絵だけで生活できるようになるには?」を聞きます。

絵も見てもらいます。

「これは難しいですね。」

「…(やっぱり私の絵は売りにくいのか…)」

「アートはマーケティングできないものなんです。」

「!?」

「マーケティングできるならデザインですね。アートではなく。デザインの勉強してお金にするかな〜。そしてそれとは別に、死なない程度に描きたい絵を描かないと」

「!?!?!かっ…描きたい絵を描かないと死ぬって分かるんですか?」

〜ここらへん興奮して会話あんまり覚えてない〜

プ「アートの制作過程そのものにマーケティングはいらないんです。だってそれやったらもうアートじゃないから。」

「」

今まで、さんざん売れること考えないのはただの趣味って言われてきた。確かにそう思う。
でも描きたい物描かないと苦しい。
描くことが排泄であり呼吸だから。

最初は見る人のことなんて考えて描かない。
買う人のことなんて考えて描かない。
そんな気持ちで排泄や呼吸したりする?

絵が描けなくなったとき、してはいけない2つのこと

どうしてこの感覚が誰にも伝わらないんだろう?
売れることを考えるのをサボって好きな絵描いてるわけじゃない。
ただ売り物の比率だけが増えて好きな絵を描けなくなると苦しい。

ずっとこんなことを考えてきました。
マーケティングが上手い人、絵を売るのが上手い人、みんな、そんな自己満な気持ちはいらないよって言ってるようでした。

なのに…

何故プロ奢さんには分かるんだろう…?

頭の曇りが晴れたようでした。
アートの制作過程そのものにマーケティングはいらない
私がうまく言葉にできないことを見事に言葉にされておりました。

このときの感動を超える経験はなかなかありません。

とても価値ある時間と情報を頂いて、帰路につき、この話を漫画にします。
(なんか感動するとすぐ描いておきたくなる)

ツイートが結構リツイートされました。

本当…プロ奢さんに奢ってよかったー!!!

しかし…結局描きたい絵だけで即座に生活するのは難しいということが分かりました。当たり前だけど。

育児で生活の中の時間が減り体力も減り、お金も必要になり、少しテンパっていたと思います。

コツコツやっていくしかありません。
(それとは逆に描きたい絵のイメージは洪水状態なんだ〜!)

最近読書する余裕も出てきたのでこの本も読み進めていこう!

妊娠中でも絵の仕事はできる?初期・中期・後期別、辛さと対策

お陰様で無事に3人目が誕生しました!
今回は妊娠しながら絵を描くことについて、体調面や精神的にどんな影響があったか書いていきたいと思います。絵描きしながら妊婦はできるのか?一つの参考になれば幸いです。

1.妊娠初期(妊娠1ヶ月〜4ヶ月)
2.妊娠中期(妊娠5ヶ月〜7ヶ月)
3.妊娠後期(妊娠8ヶ月〜10ヶ月)
4.産後

1.妊娠初期(妊娠1ヶ月〜4ヶ月)


この時期は一般的にはつわりが最も辛い時期だと言われています。
私は「食べづわり」と呼ばれる、食べていないと吐き気がしてくるつわり症状が顕著でした。
そして食べ過ぎるとまた吐き気がするという…
吐いたことは数回だけでしたが、二日酔いのような気持ち悪さが続き、確かに気持ち悪さの面では一番辛い時期でした。

・絵は満足に描けたか?

一人目 
二人目 
三人目 ×

気持ちよく描けた日もあれば、具合が悪くてほぼ寝ていた日もあるという感じです。
1人目から3人目まで、体調は似ているようでまちまちでしたが、どんな風に具合が悪いかというと

吐き気がする
食欲が出すぎる
だるい
頭痛
息切れがする
動悸が激しい
激しい眠気
腰痛
便秘
下痢

などです。お腹が小さくてもいろんなトラブルがあり、特に絵を描くのに支障が出るのは「だるさ」です。寒い日や暑い日は特に体が重く、横になっていたくなります。
近所のスーパーに行くだけで疲れ切って一日寝ていたくなることも。
あまりの不甲斐なさにネットで調べてみると、同じ症状の妊婦さんも少なくありませんでした。
また、常に特定のものを食べたくなったり、食欲を抑えようとすると吐き気がしてきたり、あとは何もしなくても頭が痛く吐き気がしたりしました。
絵を描く作業で大切なアイディアを練ったり描き始めの構図やポーズを考えたりする「考える作業」は普段と違って頭が痛くなったり吐き気がして気分が悪くなったりしてきます。
絵を描くのは座り仕事だから難なく続けられると思っていたけど、思いの外きついものなんだなと感じました。
絵を描きたいのに全然進まず、涙した日もあります。
気持ち悪さやだるさが一番きつい時期でした。

・絵の仕事はどうしたか?

正直絵の仕事はハードに感じられました。
通いで事務の仕事もしていたのですが、こちらは空調も快適で座ったままなのと、何より請け負った仕事を処理するという作業が多めの仕事だったので気分が悪くなることなく続けられました。
絵の仕事は自宅が会社に比べたら空調が良くないというのもあったのかもしれませんが、それ以上にお客様の要望のヒアリングをしたり、アイディアを練ったり、失敗を修正したりなど、無から有を生み出さす内容が多いので、作業としてこなすことができず辛く感じました。

2.妊娠中期(妊娠5ヶ月〜7ヶ月)


この時期は「安定期」とも言われ、比較的体調が落ち着く時期と言われています。
またこの時期になると流産の可能性も低くなり、公に公表する場合が多くなります。
もちろん個人差があります。

・絵は満足に描けたか?

一人目 
二人目 
三人目 

一人目、二人目は具合の悪さより「腹部の圧迫感」が苦しく、デスクワークが窮屈に感じられました。
三人目はわかりやすく安定期に入ったと感じられるほど体調がよく、非妊娠時よりは眠い日やだるい日があるものの、好きな絵を描くこともでき、久々に充実感を味わうことができました。

・絵の仕事はどうしたか?

辛くて動けない日ももちろんありましたが、基本的には活動することができました。
またいつ具合が悪くなるかわからない!と思い、思い切り描ける日は集中しました。

3.妊娠後期(妊娠8ヶ月〜10ヶ月)


この時期はお腹がすごく大きくなり、物理的に辛くなる時期です。
体力や筋力面で思い通りに体が動かず、行動が限られてきます。
骨盤にすごく負担がかかって腰痛も悪化し、動くだけでもしんどい人も沢山います。
またホルモンの影響か、すごく眠い時間と覚醒してしまう時間が両方交互に訪れました。
臨月に入ると「いつ生まれるか」と、緊張感も続きます。

・絵は満足に描けたか?

一人目 
二人目 
三人目 

気持ち悪さやだるさは妊娠初期ほどではないのに、簡単に息切れをしたりフラフラしたりして、気持ちに体が全く追いつかない時期でした。
三回の妊娠でこの頃の血液検査では必ず貧血と出て、めまいが止まらない状態になったりしました。
妊娠初期とは違った形で絵や行動に支障が出て、涙する日もありました。(泣き虫)
ただ体調のいい日はぐんぐん進みました。しっかりと鉄剤やタンパク質をとり、快適な環境で楽しく過ごせればうまく動ける日もある、という感じです。

・絵の仕事はどうしたか?

絵の仕事は〆切までの期間が短いものは臨月まで受けました。
それ以降は〆切はいつでもいいという方とお取引しました。(いつ産まれても大丈夫なように)
一人目、二人目の時は貧血対策がうまくできていませんでしたが、三人目は貧血対策としてタンパク質をこれでもかと食べたり,めまいの防止に絵の道具を高いところや低いところに置かないようにしていたので、フラフラすることなく仕事にとり組めました。
でも貧血と低血圧が重なってめまいがひどかったときもあり、病院からはしばらく安静にして仕事は休んだほうがいいと言われました。
トータルとしてかなり休み休み動けばそれなりに動けるといった感じでした。

4.産後


産後は産休期間と定義します(産後6週間まで)。
産んだら全てがスッキリするかと思いきや、後陣痛と言って子宮の収縮の痛みがあったり、貧血になったり、腰痛が続いたりと、赤ちゃんの世話以前に体のしんどさが応えます。
もちろんそこに昼夜関係なく泣く子供のお世話がプラスされ、自分のペースで休めないというのが特にきついところになります。

・絵は満足に描けたか?

一人目 ×
二人目 
三人目 

産後の回復と子供の性格、周りの協力によって異なってきますが、一人目はとにかく何もかも初めてで、体の回復は早いほうでしたが精神力も体力も子供に注ぐので精一杯でした。一人目の時は産休期間後も預けず自分で見ていたので描く時間は作れませんでした。
二人目は主人が育休を取っていたお陰で一人目の時には考えられないくらい自分の時間を確保でき、気分の悪さなどもなかったので絵は妊娠時よりぐんぐん進みました。ただ座ってばかりいたせいか腰痛などは1年ほど続き、くしゃみをするたびに恥骨が痛かったり、坂道をとてもしんどく感じるなど筋力体力の回復は遅かったです。
育休生活はこんな感じでした→男性の育児休暇取得でこんな生活ができるよ!
三人目は臨月の体の重さから解放され、体が軽く感じました。また大人しめの子供だったからか、すごくゆっくりペースなら絵を描くことができました。※上の子二人は預けています。

・絵の仕事はどうしたか?

私の場合産後は幸いにも妊娠中みたいに体調に極端な波があるわけではないし、もう臨月と違っていつ生まれるかの心配はないので、かなりタイトでなければ仕事は受けられる状態でしたが、さすがに産後直後に仕事を振ってくる人はそんなにいませんでした。
臨月ごろから受けていた〆切が特にない仕事を中心に無理がないようにこなしました。

まとめ


妊娠中でも絵の仕事はできるか?
個人差がありますが、私の場合はできない時期とできる時期がありました。
少しでも不安に感じたらご依頼を受けた際にこちらから提案したほうが絶対いいですね。
絵の仕事というと納期があるイメージが強いですが、遅くてもいいご依頼も結構あるものです。
赤ちゃんより大事な仕事はないので、体を1番に考えて欲しいと思います。
育児系記事はこちら→育児記事まとめ

画力以外の画家にも必要な能力5選

天使画家に最も必要なの能力は画力ですが、画家として生計を立てていくには他の能力も必要です。
私が、もっとあったらな…と切望している能力について書いていきます。

1.セルフブランディング能力
2.コミュ力
3.交渉力
4.マーケティング能力
5.教える技術力

1.セルフブランディング力


まさにこれ…!これが1番欲しいいい!!
セルフブランディングとは…ウィキペディアなどからの情報をまとめますと「個人が組織に属さず自らの力で自らメディア化しプロモーションすること」だそうです。
プロモーションとは?購買意欲を喚起させるという意味のマーケティング用語みたいです。
つまりセルフブランディング力とは…自分が自分を商品や媒体として売り込んでいく力のことですね。類語でセルフプロデュースとかとも言うみたいですね。私はこっちの方がよく聞きます。でもウィキペディアに載って無かったから自信持って書けなかったんだ…。

ギャラリーや絵画団体に所属している一握りの画家以外は基本フリーです。なので自分で自分を売り込んでいくのが基本です。
ギャラリーや絵画団体に所属すれば?と思うかもしれませんが、絵柄の合う合わないが大きいので、自分にピッタリの場所を見つけることがまず大変だと思います。

売り込むのにも、ただ漠然と走っていったらダメなんです。←私です。
的確な場所と人選とタイミング…アンテナを張り巡らせて、確実に仕事に繋げられるように常に基盤を固めておかなければいけません。
そうするには、「自分はどのような人にどのように役に立てるか」を端的な言葉で説明できるくらい自分を把握していなければならないですね。

どんな仕事でもいいです!やります!という姿勢は素晴らしいのですが、なかなか遠回りですし、大抵「あなたでなくても良い仕事」が回ってくる場合が多いです。
絵が描ける人なら誰でもいいや…ということですね。
もちろんどんな仕事でも学ぶことはあるので受ける価値もあります。しかし家庭を持ってしまったりすると、かなり仕事は選ばなければならなくなります。
たまたますごくマッチする仕事が舞い込むこともあるので、しっかりと仕事内容は聞くべきですが、あまりにも自分とかけ離れているものは思い切って弾いていく覚悟も必要です。
それが、セルフブランディングができていないと曖昧になって分からなくなってしまうんですね。

また、仕事を頼んだ下さる方も、こちらがどんな人で何をしてくれる人なのかが判断できないと、もっと分かりやすい人の方に依頼しようという気持ちになってしまいます。

自分の作風をいくつかの単語で簡単に説明できるようにしておくこと、特に好きなものに関しては描くときも誰が見てもパッと見で「この人は〇〇が得意(好き)なんだな」分かるように描くことを意識して下さい。
1番好きなものだけ描いてられないよ!と、思うのは当然です。2番目、3番目に好きなものももちろん要素として絵に入れたりしても大丈夫です。ただ、入れすぎだったり曖昧だと他の得意や好きがハッキリしている人には勝てません。

セルフブランディングができてくると、SNSなどもとてもやりやすくなると思います。
発信する内容に方向性が出てくるからです。広く浅く愛される方がかえって難しいものです。

SNSの活用法はまた別に書きます。

どうしても自分自身が分からない…という場合は、なりたい自分像から考えるといいみたいですよ。理想像を演じているうちにそれが定着してくるということです。

人間は何でも習慣になるまでが大変なようなのですが、理想像を演じることを習慣にさえしてしまえば意外と乗り切れるのかもしれません。

2.コミュ力


絵を描く人は、これに自信がない人も多いのでは…?偏見でしょうか。
誰かとお話するのはたまにで良くて、基本1人で絵描いてるのが好き!\\٩( ‘ω’ )و ハイッ私です。
でも…世界を広げるなら人との交流って不可欠です。
しかもまったり世間話をするのではなく、仕事をするのですから、やっぱり相手にうまく自分のことを伝え、相手の意図を組むコミュニケーション力はとてもとても大切なんですね。

何をどう伝えれば相手に分かってもらえるか、キツイ言い方にならずお互い気持ちよく仕事ができるにはどうしたらいいか、必死で考えなくてはなりません。

ファンになってくれた方に応対する力も必要です。せっかくなら作品も自分自身も好きになってほしいですよね。

3.交渉力


コミュ力との相乗効果を生む能力ですね。
金銭の話はやはりwin-winで進めたいものです。

あまりに安いと本当に心身ボロボロになってしまうし、かといってあまりに高いのも悪いし…というかじゃあいいですって思われるんじゃ…とか考えてしまいます。

なので適正なバランスを瞬時に計算して打ち出していく能力が必要です。下記に書くマーケティング力に自信があると、「これが適正だ。譲れない」と、堂々と交渉ができそうです。

こちらは私は苦手すぎて、一旦家に持ち帰ることにしています。
その場で答えは出さないようにするのはオススメです。

4.マーケティング力


こちらは大学などで専門的に学んだ方や、才能のある方には敵わないのでしょうか…?
顧客のことを分析して1番良い形で売るにはどうしたらいいかを考える能力ですね。

とにかくデータを集め、体系化して、実行、更に修正をしていく地道な作業になります。

データを集める時点で大変です!

マーケターという職業があるくらいですから…

ペルソナマーケティングといって、ターゲットとなる顧客層をより具体的にするための、実在する人物のように詳細に設定して人物像を作る手法があるのですが、これがとても難しいんです!

だって友達でもない人のことなんて知らないよおおお

自分のターゲットが友達の中にいればペルソナを作りやすいんですけどね…

私のブログではターゲットは
・絵の悩みを持つ人
・エロい絵に興味がある人

なのですが、プロの方に「曖昧ですね」と言われました…

もっともっと具体的にします!!

私の作品を欲しいと思って下さる方のペルソナなんて更に分からない…!

教えてあげるよ!という方がいらっしゃったら連絡ください!!!

5.教える力


絵に関係ないじゃん?と思われましたか?
実は人に教えることによって、知識や経験はしっかりと定着していくんです。

絵が上手くなりたい!絵で食べていきたい!という人はたくさんいます。そういう人達の助けになれたら、確実に大きなバックが来ます。

「信頼」を得ることができます。

口コミにおいて信頼度はとても強いです。

「教える力」は、作品そのものが気に入ってもらえない場合でも、人から評価される能力です。
武器は多いに越したことはありません。いつ誰とどの様な形で仕事をすることになるか分からないのですから。

まとめ


絵で食べていくには、けっこう色々なことをしなければいけないと痛感しています。絵以外のことを頑張ってきた人は、むしろそれが武器になりますね。絵ばかり描いてきた人は…苦手分野があるとまず自覚して一緒に勉強していきましょう!