インプット

絵のインスピレーションになるファッション写真

今回は私がよく参考にしている写真家達を紹介します。

デヴィッド・ラシャペル


蝶の人ビビットな色、ダイナミックな構図が目を惹く写真家。画面が小さいと分かりづらいですが、この植物とか羽根とか背景はCGの合成ではありません!
ダンスバトルのドキュメンタリー映画「RIZE」の監督もされています。
Rizeのジャケット
有名人の写真もキャラが立っててかっこいい!
ディカプリオの写真

ビョークの写真
激しいポーズ、肉体美、オーバーな表情、色使い、凝ったセットなどから、イラストのような写真のような世界を生み出していますね。
派手な宇宙

派手な人々

派手な2人

青い人

ティム・ウォーカー


大きなスィーツおとぎ話のワンシーンのようなマカロンカラー世界の写真。でも甘すぎない大人のメルヘンという感じですね。
人形

蝶人間

マカロン色の猫

マカロンカラーの神殿

ギイブルダン


沢山の指色合いと物の使い方と画面構成がすごくおしゃれな写真!
重なり合う指、足、などパーツの美しさを表現しています!
足だらけの写真

薔薇園の足

きれいな吐血!吐血美女

プール

茂みから美女

大きな口紅

コンセントから出血

青い影

ピンクのお尻

ピンクの壁

 

フェチズムをものすごく感じます…!!

 

野波浩


和服美女
CGではなく手作業で幻想的な世界を作っています。
雷様
振り向く美女

レースの美女

こうして並べてみると、写真のような絵のようなだまし絵みたいな世界が好きみたいだと分かりました。
チェコアニメもそういう平面と立体の間みたいな不思議な画面で動くアニメがいくつかあって、すごく好きです。
この写真家さんたちのすごいところはCGじゃないってところです。スケール感や奥行きや物の風合いなど現物の迫力がありますね。
CGを否定するわけじゃないけど、現物を使ってカッコよくなるならその方がいいです。
大道具はどうやって作るんでしょうね。ごくシンプルな1つのコントを作るのに100万円かかると聞いたことがありますが…大道具制作にも興味があります。
私も色んな要素が融合した作品を作りたいです。

筆が乗らないときにレベルアップする方法4つ

描けない時はレベルアップのチャンス
泣いている目
描き途中の絵があるけど何故か今日は進まない…そんな時の対処法をお教えします。

1.描けない理由を細分化する


頭とフィーリングを使って描く、の話にも書いたのですが、→絵の上達の秘訣。頭とフィーリングを使って描く
描けない部分、理由を文字で書いてしまうのも手掛かりになります。
ただ単に苦手なモチーフだから描けない場合は資料が足りない場合が多いし、人に言われたことが気になって描けない場合は勇気を出すしかないと気づけるし、頭が整理されますどうしても苦手なものを描くことになった場合はこちらを参考にしてください。→描くのが苦手なものを上手く描く方法4つ

2.ツールについて調べ物をする


今まで難しいと思って敬遠していた技法について調べてみましょう。調べるだけだったら、横になったまま気楽にできないでしょうか。こんな方法があるんだ、今度試そう、くらいに流し読みするのでも大丈夫です。
うわ大変そうだなと思ったら、もっと楽にできる方法はないか、更に調べてみましょう。いつのまにか、その技法についての見識が広がっているはずです。知識を得られただけで今日は良しとしましょう。

余力があったら、調べた方法を試すことだけにその日を費やしてもいいと思います。
どうせ絵が進まないなら、もう進ませる日ではなくて脱線の日にしてしまうのです。

もっと描きやすいペンがないか文房具屋へ行く
とか、
もっと綺麗に描けるペンツールがないか検索してみる
など、
ダラダラと時間を使って、自分に投資をするのです。

3.他の事をする


思い切って他の事をしてしまうのも大切です。今まで気になっていたゲームをダウンロードして始めるのも良し、友達にノーアポで会うも良し、気になっていたバーに出かけるも良しです。

インプットは足りていますか?

絵を描くことに悩んでいるあなたなら、きっと日頃アウトプットにいそしんでいることでしょう。
アウトプットを頑張りすぎて、インプットを忘れていませんか?
インプットは高尚なことではありません。日常生活の中の、ささやかなことからも吸収できるものです。
名作の映画を見る、ベストセラーを読む、美術館に行く、という分かりやすいインプットもいいのですが、あなたの日常にしかない、あなただけのインプットがあるはずです。

何もかも忘れてとにかくリラックスしたい!
でもいいのです。

リラックス最中にふと目に飛び込んだ物が何かヒントになったり、リラックスして眠りについた時の夢が閃きを与えてくれたりするかもしれません。

何日か経って、今日何気なく吸収した事がアイディアになって浮かんでくることもあります。

だから、何をしていてもインプットのアンテナは絶えず働いているので、安心して任せてあなたが好きなことをして下さい。

4.携帯の写真を振り返る


普段あまり写真を撮らない人にはオススメできるか分かりませんが、写真フォルダを何気に眺めていると、記憶を掘り起こしてくれて、昔自分が興味のあったことを思い出せますよ。

すると、またその興味の熱が再燃して、調べ物をしたくなったり、見たり聞いたりしたくなったり、更には描きたくなったりすることがあります。

気になった写真を大量に集めた自分的に素晴らしい写真資料アルバムが、楽しさや閃きを与えてくれます。→使える絵の資料とは?用途別4種類

私は結構この方法で筆が進むことが多いです。

まとめ


筆が進まなかったから成長が止まった…のではなくて、筆が止まったからこそ成長のキッカケになるんです。捗らない日も、絵から離れる時間が長くなってしまっても、決して自分を責めないで下さい。それこそ時間が止まってしまいますよ。

描きたいものが見つからないときに試したい方法7つ


★制作フロー
(上から順にこなし、終わったものは消す)
千明がパーマリンク確認
千明が赤部分チェックして本文完成
千明がメタディスクリプション確認
これを消して完成!

悩む天使自分には描きたい物がない。だから絵が描けない…それは誤解です。

さあ絵を描こう!と思っても、何を描いたらいいか分からなくなって手が止まってしまう方もいらっしゃると思います。

基本的に好きな物をモチーフにするか、好きなことをテーマにして描いたらどんどん描けると思います。
好きこそ物の上手なれ、ですね。

モチーフとは絵の題材のこと。人物、静物、建造物、風景、など。→絵は何から描いたらいい?モチーフについて

テーマとは絵の主題のこと。モチーフを以ってして、自分の思ったこと、感じたことなど、作りたい動機となった形の無いもののことです。

でも描きたいものや、形にしたい気持ちがいつもあるとは限らないですよね。
自分は無趣味だし…今特に好きな物も関心のある事も無いし…

そう思ってしまっても大丈夫です!
手軽に描き始められる方法をお伝えします。

1.どれでもいいから写真集を開いてみる
2.どれでもいいから小説を開いてみる
3.好きな音楽をヴィジュアル化してみる
4.昔のメモや落書きを見てみる
5.白状しましょう。好きな人を描いてみる
6.公募展を探す
7.仕事を探す

以上が好きな物が見つからなくて描けなくなっている時にオススメの方法です。

 

1.どれでもいいから写真集を開いてみる


お家に写真集はありますか?なければ雑誌でも大丈夫です。
適当にページを開いてみましょう。

 

2.どれでもいいから小説を開いてみる


写真集の時と一緒です。なるべくならお気に入りの方がいいですが、手元に無ければ何でもいいです。
そして適当にページを開いて、今度は目に付いた文章から発生したイメージを描いてみます。

 

3.好きな音楽をヴィジュアル化してみる


好きな曲を、ゆっくり味わって聞いてみましょう。
それに、既存のものではなく、MVをあなたの絵でつけるなら?
アニメにしなくていいんです。瞬間的に使われる静止画の一部を仕事で描かせてもらえることになったと妄想してみてください。
もしくは、主旋律はこんな色、ベースはこんな形、ドラムはこう…と、聞こえてくる音をイメージに置き換えてみるのもいいでしょう。
私はピアノ伴奏が蝶々が沢山飛んでるみたいだなって思うことがあります。あと、張り裂けそうなギターのギューインという音は、カミナリみたいな形をしてそうだと思ったり。

 

4.昔のメモや落書きを見てみる


きっと、これらがあまり手元に残ってない方は、整理整頓上手な方でしょう。
しかし、少し前に構想した絵のメモくらいは残ってないでしょうか?
物を取っておく方は、1年前のメモなどが見つかるかもしれないですね。
私は絵のメモは長い期間取っておくので、ふとした時に前に描いた構想を見て、今の自分には思いつかない!と、新鮮な気持ちになったりすることがよくあります。

 

5.白状しましょう。好きな人を描いてみる。


誰かに見られたらと思うと恥ずかしくて死にそうですが、これに勝るモチベーションはなかなか無いと思います。(人によりますが…)
好きな芸能人でもいいです。
私は好きな芸能人をモデルに人物画を描くと、成功率と仕上がりが格段に違います。
好きなキャラクターを描いて二次創作も良いと思います。でも思い切って、その好きなキャラクターをモデルにしたオリジナルキャラクターを作ってみるとか、それこそ好きな人をキャラ化してみるのも、おススメです。
いつしか恥ずかしさを忘れて夢中になりますよ。(経験談)

 

6.公募展を探す


公募展やコンクールを検索してみましょう。漠然とでもいいです。
世の中には、意外な募集が結構あるものです。
〇〇大賞 賞金100万円、だとハードルが高いかもしれませんが、年賀状コンテスト、だとサイズも小さいしいけるかも?という気持ちにならないでしょうか。

こちらに公募展に応募する歳の注意点が書いてあります。→公募展・絵画コンクールに出す前に

 

7.仕事を探す


6.の延長線で、仕事を探してみるのもおすすめです。
しっかり長期の大きな仕事ではなくて、地方のお酒のラベルのデザインコンペや、私のアイコンを描いて下さい、などという個人の方からの募集を見ていると、まるで知り合いから頼まれたかの様に自然にアイディアが出てきたりします。
もし良いアイディアだと思ったらそのまま応募してもいいし、自分の作品に活かしてしまうのもいいですね。

 

以上の方法は、どれも“連想ゲーム”みたいな物です。どうしても何も連想できなかった時は、こちらも参考にして頂けると幸いです。
貴方の絵の長所が分かるフェチチェックテスト