漫画、イラスト

人物デッサンが漫画絵っぽくなる…マンガ絵やイラストと絵画の違いとは?

顔のアップ静物は描けるけど、人物になるとなんだか漫画っぽくなってしまう…そんな事はありませんか?

今回はデッサン、主に人物画がマンガっぽくなるのを防ぐためのコツをお伝えしたいと思います。

1.マンガっぽさとは何か?
2.絵画っぽさとは何か?
3.マンガ絵はダメ?
まとめ

1.マンガっぽさとは何か?


マンガっぽいとは、つまり本物の人間っぽくないということです。

そもそもマンガとは、多くの場合見るものではなく読むものなので、絵も文字のように情報を伝えるツールとしての側面が強いものです。

様々な情報を伝えるため、シンプルな線に簡略化され表現を誇張されています。

マンガっぽさの代表例を挙げていきます。
頭が大きい
目が大きい
髪の毛が硬い
手指が雑
変な方向に関節が曲がっている
…など

これらが起こらないように描けば漫画っぽい絵にはならないということです。

2.絵画っぽさとは何か?


では絵画っぽさとは何か?
絵画的と称されるものの多くは綿密に描き込まれた陰影を持つことが多いのです。

漫画のシンプルな線とは対照的です。

また、人物画は漫画のキャラクターと違い、漫画っぽさの項で書いたような人体の過度な誇張はしていない場合が多いです。(デフォルメ表現は除く。デフォルメ表現している人物画こそ、漫画に寄せている。)

デッサンが漫画っぽくなってしまうのは、大きく分けて2つの原因があるから起こります。
それは
人間の体の比率の間違い
人間の体の質感の表現不足

頭・肩・手・歌詞・足の長さや幅の比率のバランスがおかしいことを解決すれば、ぱっと見の漫画絵っぽさはほぼ改善されます。

しっかりと陰影を観察して描写し、人体の質感が表現できれば、人間の存在感を出すことが出来て、絵画調の人間が描けるようになります。

デッサンの描き方でも触れたように、10段階のグレーを探して再現するような気持ちで影をつけていってください。
あとはタッチ(線)を物の形に沿ってひくこと。
丸い物を描いているのに、斜線ばかり使わないこと。

あとは人物の顔の描き方で触れたように、可愛く描こうと思わないこと。

以上を強く意識してみると、変化していくと思います。

マンガ絵はダメ?


マンガっぽくない方が、よく観察した感じは出ます。
しかし絵で重要なのは、魅力的で惹かれるか、だと思います。
特に人物を描くときは、萌えるか?ということも基準の1つになってくると思います。
デッサンの狂いが無くても全く萌えないとなると、魅力は低い絵となってしまうでしょう。
必ずしも上手い絵=萌える絵ではないので。
絵画調もマンガ調も表現の仕方の1つに過ぎないので、やり方ばかりに捉われるのではなく、絵として見たときに物足りなくないか?ということを重視する方が力のある絵が描けるのではないかと思います。

まとめ


人物デッサンがマンガっぽくなるのを防ぐには、
1比率をしっかり測る
2陰影をしっかり描く
他の記事でも書いてるように、基本をしっかりやることで防げるんですね。
しかしマンガ調の絵は悪いというわけではなく、魅力的に描くことができたら、どんな表現の仕方もありということです。
自分にはどんな表現方法が合うか?考えてみるといいですね。

念能力を絵の能力に置き替えてみた

HUNTER×HUNTERという漫画に、「念」という能力が登場します。

人間のオーラの系統を6つに分類した主に戦闘に使われる能力なのですが、性格診断もできます。

絵のタイプに置き換えて当てはめてみました笑
異論大歓迎

強化系



性格診断:単純一途
シンプルにオーラの総量などが多く、物の性質を強化させることのできる戦闘能力の高いタイプ。
私は絵に例えるなら王道絵画だと思います。
奇をてらわずシンプルなタッチで存在感を見せるタイプ。
大胆さと静謐さを併せ持つ。
宝石で言うダイヤモンド。

葛飾北斎

パブロ・ピカソ
など

放出系



性格診断:短期で大雑把
オーラを体から離して放出させて使うタイプです。ドッジボールをぶん投げてるみたいなイメージあります。
絵のタイプで言うなら力強いタッチで生き生きダイナミックな絵だと思います。
細やかさで感動させるのではなく、しっかりと乗せた絵の具や太い線で、生命力を感じさせるタイプです。

油野誠一さんとか

ジョルジオ・ルオーとか

ヴィンセント・ファン・ゴッホとか

棟方志功とか

操作系



性格診断:理屈屋、マイペース
物を操作するタイプ。絵で言うなら、異素材を沢山使っているタイプの絵。
ミクストメディアやインスタレーションやコラージュも得意。
絵の具以外の素材をガンガン使う。
絵画の枠に囚われない作品が多いかも。
デザインや模型作りなんかもできそうです。

工藤哲巳とか


ハンス・ベルメールとか

変化形



性格診断:気まぐれで嘘つき
オーラの質を変化させるタイプなので、マチエールにこだわる絵ではないかと。
マチエールとは絵の表面の肌合いのことです。描写の内容より画面の筆致などにこだわる人も多いかも。
様々な質感の絵の具を使い分けて描かれた抽象画とか。

李禹煥

エドウァルド・ムンク

具現化系



性格診断:神経質
物を具現化させる…無から有を生み出すタイプ。
単純にも超具象絵画を連想してしまいました。
細密画など、筆致とかマチエールとかいらないって感じでひたすら描く具象。

アンドリュー・ワイエスとか

レオナルド・ダヴィンチとか

ピーテル・ブリューゲルとか

ヒエロニムス・ボッシュとか

特質系



性格診断:個人主義、カリスマ性あり
うーん???
一見画材が何か分からない絵とか、どうやって描いてるか分からない絵かな。
アウトサイダーアートとか??安直かしら。

ヘンリーダーガー

まとめ


いかがでしたか?違うだろって思われた方も多いと思います。アドバイスお待ちしております。
ハンタ大好きなのでついやってしまいました。
私は油画科出身なのですが、レイアウトやwebデザインは本当に苦手だと感じています。
理論で構築されたデザインは油絵とは真逆だもんね。と言われたことがあって、絵を系統化して得手不得手をグラフにしたりできないかな?と思ったのがキッカケで書いてみました。
私自身はキャラがハッキリしていないのか、性格は放出系、操作系、具現化系っぽいと言われたことがあります。
絵は特質系っぽいと。
理想は強化系でめっちゃ戦闘能力高くなるか、特質系で面白い能力作ってみたいです。
絵は…??自分で書いた記事を読み返すと操作か具現か特質かな。

HUNTER×HUNTERの記事はこちらにも書きました。→HUNTER×HUNTERの冨樫義博先生の表情の描き方に学ぶ

ファンを作る方法!ファンロードという雑誌に学ぶ

オリジナルキャラ↑こちらは私のオリジナルキャラクターです。

ファンロードという雑誌をご存知でしょうか?
年から年まで月刊で刊行されていたアニメ・漫画のファンのための雑誌なのですが、特徴は、ほぼ全てのページが読者の投稿でできているところです!ネットが普及する前、pixivなどのイラストのサイトが存在しなかった頃はこういった読者参加型の雑誌がイラスト好きの集まる場所となっていました。アラサー、アラフォーのオタクの方は目にしたことがあると思います。
葉書台とB5版の大きさのイラストで構成されています。
大きな紙を切って葉書台にして使っていたので、白い大きな紙を見ると、葉書サイズに切るための線がシャイニングロードとして見えていました笑
そのくらい投稿漬けの日々でした。今でも雑誌社の旧住所ソラで書けます!
投稿してから掲載されるまで2ヶ月かかるんですよね。現在ネットでは秒速でアップロードしたりコメントしたりできるので速さでは劣ってしまいますが、「載るかな?ボツかな?」というドキドキ感がよかったです!

その雑誌では今で言う人気絵師さんがたくさん誕生しました。私もファンコールを頂けたり、楽しい青春を送りました。

ふと気づいたのですが、ここに無名の絵描きがファンを作るためのヒントが隠されていました。

ネット上でも同じことが言えるのでは?と思ったので、忘備録的に書いて活用したいと思います。

1.継続&定期的に絵投下
2.特定のジャンルで有名になる
3.分かる人に分かればいい!尖った絵を描く
4.ちょっと自己開示する

1.継続&定期的に絵投下


これが実は1番大事なのではないかと思います。
私はファンロードには中学生から高校生まで投稿していたのですが、始めた月から毎月欠かさず出していました。
運良く初投稿から載せてもらい、たまに全部ボツになったり、10枚送って良くて3枚載せてもらうのが1年くらい続きました。
特にファンコールなどはもらえなかったのですが、そんなのはもらえる人なんて雲の上の人くらいに思っていました。
おそらく全く認知されていない存在だったと思います。
そんな感じで2年くらいしたとき…遂にファンコールを頂いたのです!!
それからはネタにして頂いたり、ファンコールも度々頂けるようになって、徐々に「誰それ?」な存在だった自分が「認知されているな」と感じて来ました。
しかしこれがもし毎月投稿していなくて、しかも短期間で途中でやめていたとしたら、誰にも知られなかったと思います。
毎月ものすごい枚数送っているのにボツになったり1年以上認知もされないとか…描くことそのものが楽しいから続けられましたね。
もちろん1年たらずで一気に注目される方もたくさんいらっしゃると思います。でも、地味な私でもうまくいった話として頭の片隅においてくだされば幸いです。

2.特定のジャンルで有名になる


ファンロードは漫画とアニメを中心とした投稿雑誌だったのですが、食べ物や音楽や映画や本など、自分が好き!と思ったものを絵や漫画にしてみんなに見てもらうコーナーが沢山あり、そこも魅力でした。
私は「HUNTER×HUNTER」と「オリジナルキャラ」のイラストを必ず毎月出していました。
これも好きすぎて継続できたので、絶対に好きなことじゃないとボロが出てしまうことですが、毎月同じコーナーに登場することで「HUNTER好きな人」として同じHUNTER好きな人から認識してもらえます。
そして「このHUNTER好きの人はどんなオリジナルの絵を描くんだろう?」と興味を持ってもらいやすくなります。
オリジナルキャラのコーナーにも毎月出していたので、そこでも同じキャラを登場させたり物語の1シーンのような場面を描くと、「このキャラ先月も見かけたな」と連載もののように覚えてもらいやすくなります。
私のオリジナルキャラの名前を覚えていてくださった方にお会いした時は、涙腺決壊でしたよ。。。

3.分かる人に分かればいい!尖った絵を描く


最初は「目立つ絵」や「人気の絵」が羨ましくて、そういう絵を意識して描いていました。
しかし自然と描きやすい絵や、描いていてドキドキする絵に移行していったのですが、それからの方が格段に注目されるようになりました。
可愛くてポップなタッチから、ダークでどぎついタッチへ変貌しました。ハンタにハマったのも大きいけど…。
白目向いたキャラとか描きました。リアル厨二病だったのもあると思うけど、やりたい放題でした。
でも、「ここまでやっていいんだ!って触発された」と言っていただけました…!
いいと思ってくれる人はいるんだなーと感激しました。
3.特定のジャンルで有名になるにも通じますが人気のある絵師さんは、得意ジャンル、好きなジャンルを持っている方がほとんどでした。(何でもかける方もいます。)
ロリ系、グロ系、リアルタッチ、、、癖が強すぎるくらいの方が、しっかり目立ちます。

4.ちょっと自己開示する


ファンロードには自分の近況を絵と文字で綴るコーナーもあったのですが、そこに描いてある情報が、顔の見えない程よく投稿者に親近感を持たせてくれます。
この人絵はかっこいいけど甘いもの食べるのが趣味なんだ…とか、丁寧に絵のあの人は意外にもギャルなんだな…とか
葉書一枚ぶんの情報しか書けないので、長すぎる自分語りを防ぐことができて、ウザさ全開になるのを回避できていたのは恵まれていたと思います。
今は叩かれるのも怖いと思ってしまうし、程よく自分についてネットで語ることにハードルを感じてしまっているので、「つまらない人」になりがちかもしれません。

まとめ


継続&定期的に絵投下
特定のジャンルで有名になる
分かる人に分かればいい!尖った絵を描く
ちょっと自己開示する
これらを今ならSNS上で自然とやっていた人には、それなりにファンや仲間ができているのではないでしょうか。
しかし本当の目的はファンを作ることではなく楽しく気持ちよく描くことなはず。
ファンができなくて苦痛を感じてしまうことがあったら、開き直って好き勝手やるのもいいと思いますよ。
キャラクターの絵をふつふつと描きたくなってきた場合はこちらの記事がおすすめです。→キャラクターの絵の参考資料になる意外な物