エロ、フェチ

3Pだけではない!3人以上のエロいポーズアイディア集!

こちらは私の作品です。

このブログで人気のエロいポーズシリーズ…
エロいポーズ集!パーツフェチを極めて絵にする
二人以上のエロいポーズ集
エロい表情の描き方のコツ
セクシーに女性の体を描く4つのコツ
着エロ女性を描くときの3つのフェチ要素
今回は3人以上の複数名のエロいポーズについて考え、まとめました!

1.構図を意識する
・三角構図
・川の字
・横並び構図
・まばらに配置
2.関係性を意識する
・三角関係
・三つ巴
3.集団が集う場所シリーズ
・温泉
・遊郭
・パーティ
・組織
・乱交

1.構図を意識する

複数の人物を画面に入れる場合、構図が難しいと感じられるのではないでしょうか?
いくつか収まりのいいパターンを考えました。

・三角構図

安定の三角構図です。絵の構図として王道でよく使われています。
目がいくポイントとなるものを三角形型に配置するという構図です。
3人描く場合は特に取り入れやすいと思います。

・川の字

シンプルながら目を引く構図。
ただ並べるだけでは意外にもバランスを取りにくい。
曲線、短い線、長い線が並んだ川という漢字はよくできています。
強弱をつけるとうまく収まります。

・横並びに配置

川の字の応用編。ずらっと人物を配置します。
これを縦にしても斜めにしてもいいですね。
強弱つけtもいいし、同じような感じでコピペみたいにずらっと並べても面白い。

・まばらに配置

ウォーリーを探せ!のイメージ。
とにかくランダムに人を配置します。
いろんなポージングが描けないと難しいです。ストーリーを感じさせたいときに最適。

2.関係性を意識する

人物の関係性を意識すると作品の幅が広がります。
(もちろん関係性などない、ただの肉体を羅列しただけ、というのも良いです。)

・三角関係

“3人”という関係の定番ですね。
誰が誰を好きで、どんな誘惑を仕掛けようとしているのか…同種に四角関係もあります。
単なる恋愛関係や不倫関係だけではなく、SとMの主従関係、先生と生徒、犯人と復讐者、共犯者、など…様々な関係性があります。

・三つ巴
上記の内容とも被りますが、人物の勢力図が1:2なのに対し、1:1:1というのも絵になります。

3.集団が集う場所シリーズ


集団を描くシチュエーションをいくつか上げていきます。

・温泉

エロい人物をごく自然に複数描けるシチュエーションです。

・遊廓

個室ではなく広い部屋の様子を描くことによって、色気が充満した空気の中の華やかな内装やその裏にある憂いを表現できる、素晴らしい舞台ですね。

・パーティ

クラブだったり仮面舞踏会だったり、薄暗くて怪しい空気の非現実的な集団を表現できます。

・組織

秘密の地下組織で人身売買などが行われているイメージです。

・乱交

もちろん、上記の場所ではこれが行われている可能性大です。
映画「アイズ・ワイド・シャット」はお屋敷のような場所で大変上品に行われていました。

まとめ


このように三人以上のエロい絵も沢山のバリエーションがあることが分かりました。
複数の人物を一枚絵の中に描くのは労力的にも大変ですが、構図のバランスのとり方や様々なポージングなど絶対にレベルアップしまし、完成品の力強さは圧巻です。
ぜひ挑戦してみてください。

液体ラバー、リキッドラテックスを使ってみた!

ラバーはご存知ですか?ゴムという意味のツルツルテカテカの、ファッション性が高いフェチな手触りのアイテムです。エナメルとは違いもう少しソフトな感じです。

キャットウーマンのキャットスーツが有名ですね。

このラバーですが、なんと体に「塗るラバー」もあるのをご存知でしたでしょうか!?

こちらの傷身機嫌さんというメーカーが作成しているその名も「リキッドラテックス」です!!
通販はこちら

※リキッドラテックスはいろんな会社から出ていますが、傷身機嫌さんは信頼できる日本のメーカーさんです。

今回はこれを塗って『地球をイメージした女』の写真を撮って見た感想をお伝えいたします。

1.重ね塗りをする
2.お風呂に入る
3.撮影
4.完成

1.重ね塗りをする


準備するもの
・リキッドラテックス
・筆やハケ

まずは商品についてある注意書きを読みます。
アンモニア臭がするので換気をしっかりしながら大きめの化粧筆(100均)で重ね塗りしていきます。
筆はすぐダメになるので安いもので十分です。小さいと塗るのが大変なので大きいものにしましょう。

ひたすら塗り重ねます。
ここで要注意!!絶対に毛の生えたところには塗ってはいけません!!
毛の上にガムテープを貼るのと同じような状態になります。
剥がす時…痛いので厳禁です。

意外にも結構すぐ乾くので待ち時間はありません。

3〜4回塗り重ねれば厚手タイツくらいの厚さになります。

リキッドラテックスの醍醐味、ラバーをビリっと破いて肌を露出させる為に、このくらいの厚さは必要です。
いい感じに濡れました

くっつく!完全に乾かないとリキッドラテックス同士はくっつきます。

2.お風呂に入る


今度は撮影のためお風呂にお湯を張って入ります。

傷身機嫌さんにリキッドラッテクスを塗って入浴するのは大丈夫か問い合わせたところ、自己責任でとのことでしたので、やってみました。
LUSHのバスボム「インターギャラクティック」を溶かします。

白〜ピンク〜水色〜青がキラキララメとともに広がっていきます。綺麗…
まさに宇宙(ギャラクシー)!!

宇宙に浮かぶ地球ボディというイメージで入浴します。
意外にも皮膚とラバーの間に水が入ってずるんっと剥けるのが気持ちよかったです!

3.撮影


そして撮影!

こちらの写真はフェチの女王「初代口枷屋モイラさん」プロデュースの写真集にもなりました。
購入希望の方はご連絡ください。

今回は「自分を写真作品に使うならどういうふうにするか」と考えて思いついたものを作りました。

4.完成


一部にペイントを施した絵画レタッチを行い、地球女の顔も制作。
ずっとやってみたかった青肌になることができました。

まとめ


リキッドラッテクスは塗る工程も楽しかったですが、やはりベリベリと破く過程が快感でした!
脱皮していく気分…しかも普段の自分の肌とは違ってヌメっと滑りがいい質感の肌。
宇宙人になったような変身願望が満たされます。
リキッドラテックスは色混ぜもできるそうなので、全身カラフルにしてカラフルな撮影をしたり、上からペイントをしても楽しそうです!!

春画を参考にエロくて萌える絵を描こう!

浮世絵はご存知ですよね!

日本を代表する江戸時代に広まった版画です。1枚1枚手描きのものと違って、版画による大量生産が出来たので、民衆も気軽に持つことができたんですね。

現代でも18歳以上の方しか入場できない展示になっています。

前置きはこのくらいにして、春画の魅力について分析して制作に生かしていきましょう!

春画の特徴や不思議
1.全裸は意外と少ない
2.局部がしっかり描かれている
3.どんなシチュエーションか分からない物もある

1.全裸は意外と少ない


春画は全裸の絵って少ないですよね。

全裸が少ないということは、衣服などで演出がしっかりと施されているということです。

着物の模様と相成って美しい画面を構成していると思います。

線と色だけのフラットな画面だからこそ細かい装飾や構成がいかに大切かが分かりますね。

呉服屋とコラボしていたと聞いたこともあります!
現代ではなかなかアダルトコンテンツとアパレルがコラボすることなんて無いですよね。
洋服屋さんとコラボしたエロい絵を描きたい…!

全裸意外の要素を使ってエロい画面を作っています。
足が絡まっているところや、
切なげな表情や、
乱れた着物や帯や、
全裸でなくてもエロい要素が沢山です。

2.局部がしっかり描かれている


局部がすごくしっかり描かれているものが多いですよね。服の上から匂わせる表現とか、小物で隠すとか、そんな演出があまりないと思います。
私は真っ向から局部を描いたことが意外にもまだないので、どのくらい描写すれば絵的になじむものなのか、まだ実験していませんが…

春画のすごいところはやはり画面構成で、局部にだけ目がいかないということです。

装飾の一部のように緻密に描かれていて、そこだけ変に悪目立ちしない。

局部だけ目立たせたいなら、局部のクローズアップを描いたらいいということになります。※そういう春画もあります。

流れるような足、細かい髪の毛、感情のこもった表情、美しい着物、背景、全てと合わさってエロの表現をしています。

現代では局部は隠して(消して)描かないといけないため、このような演出は難しいですね…

取り入れられる要素としては、局部周りに緻密なものを持ってくる、といったところでしょうか。

3.どんなシチュエーションか分からない物もある


春画の面白いところは、エロいことをしているのは間違いないのですが、「今何が起こってるの?!」と思うようなよく分からないシチュエーションのものも存在しているところです。

妖怪や獣など人外のものと交わっていたり…
謎の第三者がいたり、複数人いたり…

解説などを読むとなるほどと思うことが多いですが、何も分からないまま空想を掻き立てられるところも魅力ですね。

エロい大人のおとぎ話としてシュールで可愛いけどエロい場面を自分で作って描いたら楽しそうです。

まとめ


美しい線、鮮やかな色、大胆な構図、そしてエロ。素敵要素がぎゅっと詰まった春画はお手本の宝庫ですね!