今回は私がよく参考にしている写真家達を紹介します。

デヴィッド・ラシャペル


蝶の人ビビットな色、ダイナミックな構図が目を惹く写真家。画面が小さいと分かりづらいですが、この植物とか羽根とか背景はCGの合成ではありません!
ダンスバトルのドキュメンタリー映画「RIZE」の監督もされています。
Rizeのジャケット
有名人の写真もキャラが立っててかっこいい!
ディカプリオの写真

ビョークの写真
激しいポーズ、肉体美、オーバーな表情、色使い、凝ったセットなどから、イラストのような写真のような世界を生み出していますね。
派手な宇宙

派手な人々

派手な2人

青い人

ティム・ウォーカー


大きなスィーツおとぎ話のワンシーンのようなマカロンカラー世界の写真。でも甘すぎない大人のメルヘンという感じですね。
人形

蝶人間

マカロン色の猫

マカロンカラーの神殿

ギイブルダン


沢山の指色合いと物の使い方と画面構成がすごくおしゃれな写真!
重なり合う指、足、などパーツの美しさを表現しています!
足だらけの写真

薔薇園の足

きれいな吐血!吐血美女

プール

茂みから美女

大きな口紅

コンセントから出血

青い影

ピンクのお尻

ピンクの壁

 

フェチズムをものすごく感じます…!!

 

野波浩


和服美女
CGではなく手作業で幻想的な世界を作っています。
雷様
振り向く美女

レースの美女

こうして並べてみると、写真のような絵のようなだまし絵みたいな世界が好きみたいだと分かりました。
チェコアニメもそういう平面と立体の間みたいな不思議な画面で動くアニメがいくつかあって、すごく好きです。
この写真家さんたちのすごいところはCGじゃないってところです。スケール感や奥行きや物の風合いなど現物の迫力がありますね。
CGを否定するわけじゃないけど、現物を使ってカッコよくなるならその方がいいです。
大道具はどうやって作るんでしょうね。ごくシンプルな1つのコントを作るのに100万円かかると聞いたことがありますが…大道具制作にも興味があります。
私も色んな要素が融合した作品を作りたいです。