りんごを塗る人今回は現役の芸大生や美大生、美術系の学生全般、もしくはそれらを卒業した人が、どのように作品で食べていくのかを書きました。

正直に書きます。

私の周りで作品だけで食べてる人は1人もいません。

一応私は国内トップと言われる東京藝術大学油画科出身です。

同大学出身の知り合いは多いです。

作品を作りながら別の仕事(美術系だったり違ったり)をしている人が99%くらいです。
絵が売れても!です。

この事実を受け止め、何をしたら作品だけで食べていける生活ができるのか、考えるきっかけになればいいなと思います。

1.自分の作品の強みと需要はどこにどれだけあるか、立ち位置を常に考える
2.絵に打ち込むこととセールスの仕方を学ぶことを両立させる
3.自分を宣伝することに慣れておく

1.自分の作品の強みと需要はどこにどれだけあるか、立ち位置を常に考える


何故作品だけで食べていくのが難しいのかというと、学校では誰もその方法を教えてくれないからです。
美術系の就職については教えてもらえる機会があるかもしれませんが、作品を高値で売買してそれだけで生計を立てていく方法はというと…
これといった方法はないし、成功するかはその人次第なので、誰も教えてくれないもとい教えられないのです。
ミュージシャンや俳優を思い浮かべると分かりやすいと思います。

なので教わるというより、成功している先生や先輩から盗むのがいいと思います。

しかし…あなたと近い作風のタイプの作家でなければ、同じことをしても意味がない場合があります。
近くにいるから1番良いお手本になるとは限らないのです。
作品のタイプによって売る場所や受ける場所が違います。

1番効果的なのは尊敬していて目標にしている作家さんの成功したルートを辿ることです。
(作風があまりに自分と違う作家さんであれば、丸々参考にはできません)

いつ、どこに持ち込みをしたか?いつ、どのコンクールに出したか?売れていない時はどうしていたのか?売れるキッカケは何だったのか?

便利なネットを駆使して調べてください。

そして、その作家さんから自分は何歩遅れたところにいるか考えましょう。

どうしたらそれを覆せるか?

人脈がないせいなのか?実積がないせいなのか?予算が足りないせいなのか?

照らし合わせて足りないところをハッキリさせましょう。

あとは自分が活躍できそうな界隈を見つけ、そこに対するアンテナを常に張っておきましょう。

自分の作品が受けそうなギャラリーや出版社のSNSをフォローしておくといいです。
会社や大手企業である必要はありません。
個人でも自分がビビッときた人をフォローしておくといいです。
「絵を描ける人募集」なんて告知があるかもしれません。

2.絵に打ち込むこととセールスの仕方を学ぶことを両立させる


絵を描くことに打ち込みたいから他のことをする時間なんてない…気持ちは分かります。

でも美術系の学校に入れたあなたなら普通の人よりは画力があるはずです。
美術系の学校に入れなかったとしてもこの記事に興味を持って読んでくださってる方なら、絵に興味があるということだからやっぱり普通の人より絵が描けるはずです。

なので「もっとうまくなりたい!」という素晴らしい向上心は少しだけ脇に置いておいて、〝セールス〟にも力を注いでください。

学生の頃勉強しておけばよかったと、私が最も後悔していることです。

絵に使う時間のほんの5%くらいでいいから使って
セルフブランディング
マーケティング
セールスライティング
キャッチコピー
ニーズ
ファン
プロモーション

自分の作品を売るためにはこれらはどう使うのかということを考えるようにしてください。

商売なんて、絵描きの自分のすることじゃない、もしくはできない、そう思いましたか?

なら社会に出たら平日は別の仕事をして休日は作品作りをする生活を送ってもいいと思います。

ただ、子供ができると休日はほぼ無くなります。

やりたい仕事に就けたらいいけど、平日はやりたくないことに時間と体力を使って、休日は育児をする…

絵を描く時間は…?( ゚д゚)

愚かな私は子供に時間の大切さを教わりました。どんな手を使っても!絵の仕事したい!絵以外の仕事にたくさん時間は割けない!…と。
今ネットビジネスやセールスを0から勉強中です。
絵を売ったり、自動で収入を得たりしたいから。

大学のうちに少しでもかじって考えておけばな〜と思っています。

3.自分を宣伝することに慣れておく


人が集まる場所では自己紹介がてら「絵を描いている」ぐらいは必ず言いましょう。

美術系の人が集まる場では「こんな作品を作っている」と、具体的にできることとやりたいことを話しましょう。

私は人からお仕事を紹介して頂いたことが何度もあります。→絵の仕事をする為に準備するもの4つ
いつも携帯に作品の写真を入れていること、名刺を持ち歩いていること、そんなささやかなことを尊敬する作家の先生に褒めていただきました。
(逆にそれをしてない人は注意されていた)

自己顕示欲たっぷりに見せびらかすわけではありません。
話題や仕事や友人を広げるコミュニケーションツールとして、「絵が描ける」というあなたの能力を使うだけです。

まとめ


絵で食べていくのはなかなか難しい!でも昨今は様々な発信の仕方があります。自分の売り込み方を勉強すればきっと道は拓けてくるはずです。