あなたの強み

喪女がそこそこ可愛いとか綺麗だねと言ってもらえる方法

bijyo喪女…それはモテない女のこと…。
今回はそんな私でもたまには可愛い!と言ってもらえたりできるようになったので、その秘訣を書いていきます。

1.まずはやばい失敗を化粧でしてみる
2.とにかく可愛く撮れるまで自撮りをする
3.髪型は顔型を参考に、好みも伝える
4.男友達に服を選んでもらう
5.可愛く見せる最高の秘訣は〇〇!

1.まずはやばい失敗を化粧でしてみる


幼いときから根っからのオタクだった私は全く身だしなみに興味を持たず、思春期を迎えました。
女子校だったので特に異性の目を気にしていませんでした。→女子校育ちあるある!な悩みと解決法
大きくなったら勝手に綺麗になると本当に信じ込んでいいた私は、なかなかそんな日が訪れないとふと気付きます…!
ある日ちゃんと姿見で自分を見てみると
顔はのっぺり、背は低くて短足で、貧乳、表情は暗い、何より服がダサい…!
全身映るプリを撮ったりするため女の子たちは自分をもっと可愛く、魅力的に見せる方法を日夜研究しているのです。
そんなことも友人が少なく気づいていなかった私は、こんな容姿ならどうせ何かやっても大して変わらない…と決めつけて可愛くなることをますます放棄してしまいます。
そして、素でいても大丈夫な容姿ではないのに、素でいることを選んでしまったのです…(楽だから)

しかし高校生になって綺麗な友人もでき、みんなが自分磨きをしてステキになっているのを見てようやく気づきます。
綺麗な人というのは生まれつき恵まれた、自分とは異なる人種だと思っていたらそうではなく、おしゃれを楽しんでいる人なんだようやく理解しました。
元がよければおしゃれも楽しくなるよな…という意見も最もです。しかし作りはいいのにオーラがないようなもったいない人も沢山います。
美とは、自分にどれほど手を掛けてあげたか、なのではないかと気づいたのです。

ようやく私は化粧品に手を出し始めるのでした。
スムーズにはいかなかったですが、まとめるとこうすると良いと思います。

1.毛の処理

まず鏡を直視して、ヒゲの位置にある産毛と瞼の近くにある余った眉毛?を徹底排除

2.日焼け止めとコンシーラー

リキッドファンデーションとか難易度が高すぎたので…まずは日焼け止めを下地にしてから、気になるニキビ跡の凸凹とかシミの上にコンシーラーを塗ります。コンシーラーは白やピンク、黄緑など用途に合わせて出ているので試しまくる!私は黄緑とピンクがいい感じでした。ベージュや白は合わず…
とにかく最初は少量から!化粧してる?と思われるくらい薄いところから重ねていくといいです。

3.眉毛を描く

この辺りから、一度では成功が難しい段階に入ります。違和感なくなるまで描いて描いて練習です。パウダー系が修正しやすいのでオススメです。こちらもビビりながら重ねていくのがおすすめです。

4.アイシャドー、アイラインを描く

こちらも自分に合う色やラインが分かるまで何回もやります。一重に似合うメイクと二重に似合うメイクは違います。アイシャドーを褒められるようになった私でも、彫りの深いクッキリ二重の人にメイクしてあげたとき、すごく変になりました。雑誌などを参考にしても失敗する恐れがありますが、失敗なくして成功はないと思ってください。アイシャドーは薄い色から順に目の淵に向かって濃くするイメージです。アイラインは睫毛の間を埋めて睫毛を濃く見せるイメージで使います。アイラインは慣れたら濃い方がいいですが、初めは薄めの色を、鉛筆タイプで描くのがおすすめです。修正がしやすいからです。私はマスカラは落ちやすくてクマみたいになるので使わなくなりました。

5.チークをつける

チークは目のメイクに合わせて濃さを決めます。基本あまり濃くしない、顔色をよく見せるために使う意識で使います。オススメは赤系です。自然な顔色になります。オレンジやピンクは物によっては非現実的な色なので難しいと思います。チークもやりすぎて失敗しながら自分の適量を判断していきます。

6.口紅を塗る

ここが意外と盲点です。すぐ落ちるからといってあんまり塗らない人が多いですが、グッと魅力的になるのでリップメイクは大事です。チークの色と合わせるとうまくまとまります。口紅もやりすぎたらティッシュでオフする感じで失敗を繰り返しながら適量を判断します。

高校生ならば2.の肌の工程はいらないんじゃないかと思います。

誰かにアドバイスを受けるのもいいですが、自力で化粧がやりすぎかどうかの判断するためには、自撮りをします。

2.とにかく可愛く撮れるまで自撮りをする


自撮りで可愛く見える角度を研究しながら、もっと化粧で改善できる部分はないかチェックしてください。
アイラインを長くしたり目尻の幅を広げたらデカ目になりそう、唇の色が全然きれいに見えない、顔色が悪い…など。
結構可愛いかも!と思えるまで何度も撮ってください。

3.髪型は顔型を参考に、好みも伝える


化粧と並行して研究するのは髪型です。
でも校則や社風で髪を下ろせない事情があったり、下ろすつもりがない場合は、一本に可愛い髪留めで結ぶだけでとりあえずOKだと思います。おろしたい気持ちがあったら、自分の顔型から似合うものを検索し、似合わない髪型のリスクなど踏まえたうえで美容室に相談にいくのがいいと思います。髪の生え方や癖もあるので、多くの場合は選択肢は限られてくると思います。その中で好みのものを選べば納得感が高いです。イメージ無し、美容院お任せだと高確率で失敗してしまうと思います。

4.男友達に服を選んでもらう


服やメイクは自分で自分が綺麗だと思えるためにやるものですが、異性からのモテが欲しい気持ちの方が強い場合は、やはり異性の力を借りると早いです。
彼氏がいるなら彼氏と、そうでなければ男友達とウィンドゥショッピングをしてアドバイスを仰ぎましょう。
白のワンピース?!ベタすぎ…と思っても、即効性がある無難なモテが欲しければ参考にしてみましょう。

5.可愛く見せる最高の秘訣は〇〇!


たまに可愛いと言ってもらえるようになった私でも、明らかに足りてないものがありました。それは「笑顔」。
自分の表情に自信がなかったのと、なにか息苦しさを感じて、若い時はあまり笑わなかったようです。
今は幸せに暮らしていて、なんと、若い時より可愛いと言われるようになりました。
男は女の人の裸と同じくらい笑顔が好きだよと聞いたこともあります。笑顔はまさに一番の美…!

まとめ


喪女だった私もコツコツと失敗を繰り返し、今も短所は多いけど、笑顔でいられることが増えました。今回はそんな自分を振り返りつつ、どうやって克服してきたかまとめました。お役に立てれば幸いです。喪女の恋愛はこちら→恋愛に不器用な女子に効く厳選サイトと書籍4選

絵のマンネリ対策は得意と好きを伸ばすこと!


↑こちらは私の絵です。それなりに絵を描いてきた人なら、自分の得手不得手や、癖や嗜好も分かってきているのではないかと思います。
もしくは初心者の方であっても、自分ではよく分からないけど人から褒められるのはこういう絵を描いたときだな〜という傾向はありませんか?

自分がどういうタイプか知るのは絵の上達には有効です。
しかしあまりに「自分はこういうタイプでこのパターンで描く」と決めすぎてしまうと、絵で冒険しづらくなってマンネリ化してしまいます。

今回は自分の得意なことを生かしつつマンネリを防ぐ方法を考えてみたいと思います。

1.言葉3単語くらいまでで表現できるようなものを描く
2.好きなものを得意技を使って描く
3.思い切り違うことをする日を作る
4.SNSでアンケートを取ってみる

1.言葉3単語くらいまでで表現できるようなものを描く


単語を1つだけに絞って表現しようとすると、すぐネタが尽きてしまいます。
例えば女の子を描くときはどんな女の子にしたいのか、5w1hで簡単に答えられる範囲の単語をいくつか用意して組み合わせるといいです。
女の子、セーラー服、脚フェチ
のような具合に。
私はしばらく「少女、ケモナー、レース」で落書きを続けました。


こちらの質問に答えて自分の性癖を洗い出したり整理して見るのもオススメです。

2.好きなものを得意技を使って描く


好きなモチーフを、得意な描き方で描きます。
いつもやってることだと思われたかもしれませんが、せっかくだから超大好きな、本当に本当に1番大好きなものを、もう目を瞑っても描けるくらい得意な方法を用いて描いてみませんか。
私が大好きなモチーフは人ですが、実は色が苦手なんです…カラフルなものは大好きなんですが…カラフルな人物の絵が描きたいんです。
それも、大好きな狂ったエロい感じの表情の(HUNTER×HUNTERのヒソカみたいな
なので果敢にカラフルなエロい人物画に挑戦しているのですが、モノトーンとどうにか組み合わせられないか試行錯誤しています。
思い切って黒く影をつけることで、カラーを際立たせつつ得意分野に持っていけないか試しているところです。

3.思い切り違うことをする日を作る


普段人物画を描くなら建物を描いて見るとか。メカを描くなら生き物を描いて見るとか。裸を描くなら衣装を描くとか。
もしくは漫画家になったつもりで背景から小物、カメラアングル、キャラまで全部描いて見ると意外にハマれるモチーフに出会えたりしますよ。
いつもとは思い切り違う道具や技法を使って見るのもオススメです。
こちらに意外と使える道具が書かれています→絵を描く道具で意外に使える道具4選
スプラッタリング、マーブリング、ハッチング、グリザイユ…なにそれ?って思った人は興味があったら調べてみてください。
手芸屋さんやホームセンターへ行って、画材ではないものを使ってみたり、いっそDIYするのもオススメです。→DIYとリメイク!インテリアは自分の作品で

4.SNSでアンケートを取ってみる


こちらはtwitterがオススメですが、インスタやFBでも大丈夫だと思います。
思い切ってフォロワーさんに、「AとBどっちが好きですか?」と聞いたり、「この中で見たいのはどのテーマの絵ですか?」と質問を投げかけてみましょう!
きっと数人は反応をくれるはずです。
意外なことが分かるかもしれません。私はそうでした。
ドキドキしたけど勇気を振り絞ってやってよかった!
フォロワーさんのお陰で細かい線画が持ち味だと分かりました。
受験絵画描き始めた頃から分かってたんだけどね…描きたいものが凸凹のついたカラフルな絵だったから認めたくない気持ちもあって。
でもフォロワーさんたちが優しく答えてくれたから、前向きに頑張ろうって思えました。
フォロワーさんたちいつもありがとうございます!!!

まとめ


このブログでは「好きと得意の重なるスポットを探して、好きなものを得意なことを使って描く。」がモットーだから、これを読んでくださってる方には得意な技を使わずストイックに頑張りすぎるのも、好きモチーフや使いたい技術を不得意だからと諦めるのも、どっちもしないでいい感じを目指して欲しいです。いい感じを目指さないと精神が持たないと経験上思います…→絵のモチベーション維持に最も大切なもの
あなたも私も気持ち良く描けることを願っています!

うまい絵と良い絵の違い…魅力的なのはどっち?

色鉛筆あなたは人から絵がうまいねと言われるのと、良い絵を描くねと言われるの、どちらが嬉しいですか?
私はどちらも嬉しいけど、後者の方が嬉しいです。
うまい絵と良い絵の違いって何でしょう?どちらを目指す方が良いのでしょうか?

1.絵が上手いとは
2.上手い絵とは
3.良い絵とは
4.良い絵が描けるとは

1.絵が上手いとは


人が「上手い」と言う時は、どんな時でしょうか。
サッカーが上手い、歌が上手い、料理が上手い…これらは全部「技術」に対しての褒め言葉ですよね。
センスが上手い、アイディアが上手い、などとは言いません。
絵が上手いとは、絵を描く優れた技術を持っている人に対して言われる言葉だと言えます。

2.上手い絵とは


上手い絵とは優れた技術によって描かれた絵だと言えます。
つまり細かなタッチだったり、複雑な絵の具の塗り重ねだったり、難しい形のものをちゃんと描けていたり、デッサン力や画材の使い方など絵を描く実力がしっかり見えてくる絵に対して言われる言葉です。
誰が見ても何が描かれている絵なのか分かる絵、というのも目安になります。

3.良い絵とは


人が「良い」と言う時はどんな時でしょうか。
良い音楽、良い先生、良い作品
「良い」はセンスやアイディアなどにも使われます。
心が満足したり信頼できると感じたり気持ちがよかった時に「良い」は言われます。
良い絵とは気持ちが動かされる絵のことだと言えます。

4.良い絵が描けるとは


良い絵とは美味しさや心地よさで人を満たされた気持ちにしてくれる、レストランやマッサージ屋のようなものだと思います。
スカッとさせる映画でも良いし、夢中になれる本でも良いです。
良い絵が描けるとはどこか違う世界に連れていってくれる絵を描けること、と私は定義しています。

上手い絵と良い絵どちらを目指す?


絵は継続さえすればある程度のところまではレベルアップできます。
上手い絵はひたすら技術の追求と勉強によって、少しづつ着実に描けるようになっていきます。
全くの素人から1〜2年で美大受験に合格できるまでになった人を何人も見てきました。
たくさんのファンを抱える絵描きさんも初めの頃の絵はすごく下手だったということも珍しくありません。
うまさ、とは技術のこと。何度も描いているうちに向上するのは当たり前のことなんです。
良いメンターに会えたら画力アップは更に早くなることでしょう。
「誰が見ても何が描いてあるか分かる絵」が描けるレベルになるのは、そう難しくありません。
けれどそれだけだとただの説明です。
例えば人の顔が描かれている絵があります。絵の具を濁らないように上手に使って描いてあります。目や鼻や口の位置もおかしくありません。しかしその顔からは、その絵が人の顔が描かれている以上の情報が伝わってきません。
目には覇気がなく、何の感情も伝わってきません。
これでは、いくら人の顔が上手に描けていたとしても、人の心に訴える絵にはなれないでしょう。
無表情でも何らかの強さを感じる絵にしなければ、ただの整った上手く描けている絵で終わってしまいます。
下手だけど良い絵というのはこの真逆にあたり、人の顔の絵としては目の形はいびつで骨格もおかしいけれど、何かすごい力のある絵のことを指します。
子供の絵などに多いタイプですね。
偉人ピカソも憧れたタイプの絵です。(ピカソは英才教育で子供の頃から上手い絵しか描いたことがなかったため)
しかしこのタイプはデッサン力の無さや画材の使い方の拙さを指摘されてしまう場合があります。

上手さも良さも両方必要です。
しかし、どちらがより大切かと言うと、私は「良さ」の方だと思います。
人からよく上手いと言われるけど、自分としては何か物足りない…そんな絵しかかけないとお悩みの場合は、ここに感動した!これを言いたい!などの気持ちの部分が足りない可能性が高いです。
漠然と絵を描くより、表現したいことを絵にする、という動機ありきで絵を描く方が絵に説得力が出ます。

まとめ


上手い絵は確実に描けるようになっていくので、良い絵を描くことを意識して絵を描くと魅力的な絵になっていきます。
上手い=技術
良い=表現したい気持ち
ということを忘れないでください。絵に込める気持ちについてはこちらも参考にしてください。→絵のモチベーション維持に最も大切なもの